告知

告知

2023年6月21日水曜日

20230619 官邸前抗議行動 子どもを被ばくから守ろう!家族も自分も!  戦争と原発、今直ぐ止めろ!

皆様、脱被ばく実現ネットは恒例の官邸前抗議行動を行いました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。



★ 官邸前抗議 ★

・日 時 6月19日 (月)19:15~20:00

・主 催 脱被ばく実現ネット 

子どもを被ばくから守ろう!家族も自分も!

福島核災害は継続中

放射能汚染水の海洋放出反対!

被災者切り捨て許さない!

戦争と原発、今直ぐ止めろ!

      *  *  *  *

“子ども脱被ばく裁判”、“311子ども甲状腺がん裁判”へのご支援をお願いいたします。

★ ★














ボランティアMさんからの報告です。

***

皆様、ご参加ありがとうございます。

参加者からのカンパが1800円、10日のアルタ前行動時の
カンパは1670円で、併せて報告します。

19時15分から開始した抗議はいつものマイクリレーから始まった。
永田町界隈は仕事帰りの人々が帰りを急ぎ通り過ぎる様を、
官邸前の抗議行動をするスペースの一画を、警察官と公安?私服?と
思われる一団が監視?する中を通り過ぎて行きます。
衆議院会館前で行われていた”19日総掛かり抗議行動”はいつもより
長めの集会だったか、それでも帰りの人々が官邸前抗議にも足を
運んで下さり、マイクを握って訴えって下さった。
政権への怒りがにじむ一つひとつの言葉が、官邸に響く。

子どもを被ばくさせるな! 子どもを守れ!
抗議行動を始めて数え切れていないが、毎月19日行動を重ねてきた。
100回には届かないだろうがその半分くらいは届くだろうか?
子ども甲状腺がんの子どもたちに思いをはせながら訴えていると、
若くして出産時の大量出血で逝ってしまった友の顔が浮かぶ。
彼女の母は広島で被爆して娘を2人生んだ。
彼女は、抜歯後何日も止まらない出血に、自分は異常体質なのか?
悩み苦しみそして妊娠してしまった。
悩んだ末に生むことを決心し、命を懸けて出産に臨み、
子どもを生み落とし、大量出血で逝ってしまった。
そんな友人の姿は、50年すぎても鮮明だ。

放射能被ばく被害は晩発性、を実感した出来事は、
現代に生きるとりわけ子供たちの姿が友人と重なり、
抗議する私の声はいつもヒートアップする。

そんな私たちを、1人の公安?私服警官が、
抗議する私たちの列にノート?携帯を持って加わっていた。
その時に、何故この場所にいるの?
行動を起こさなかったことを後悔している。
変だと感じた時に、声をあげようと肝に銘じる。
そんな中、官邸前の反対側道路でチラシ配布をしていた
仲間の一人に警察官が過剰対応。
表現の自由の危機に、マイクを握っていた仲間が、
過剰警備に声を挙げたのはナイス行動!!
表現の自由がつぶされるその先は、戦争への道。
私たちの声を無視続けている政府に”怒”


**ボランティアUさんの発言です。

311子ども甲状腺がん裁判第6回口頭弁論報告

―原告側、国連科学委報告書「あり得ないデータ」と批判-


福島原発事故後に甲状腺がんを発症した福島県内の男女7人が、東京電力を訴えている裁判の第6回口頭弁論が14日東京地裁で行われた。

 当日地裁前には約200名の支援者らが集まった私は緑色の風船を掲げて入廷行進に参加した後、抽選で傍聴券を入手し法廷に入った。この日原告側は、黒川眞一高エネルギー加速器研究機構名誉教授の3通目の意見書を提出、被告側が主張の根拠としている「国連科学委員会(UNSECAR)報告書」の誤りを指摘した。同報告書は実測値と一致しておらず、科学的にあり得ないシミュレーション結果となっており信頼に値しないと批判した。担当弁護士プロジェクターを使いその内容を説明したが、このプレゼンは当初30分間の予定だったもの直前になって20分に短縮されてしまった

 裁判後の記者会見で原告の一人はこの扱いについて「裁判官の強固な姿勢態度がとても不快」「被告に寄り添っているような態度」だと不満を口にした。一方東電側は60ページにのぼる書面を提出した。東電は、原告側が90%以上だとしている被曝影響によるがん発症割合(原因確率)について、バイアスがあるなどとして有効ではないとした。また、原告7人が発症したがんについて、被告側が「過剰診断(潜在がん)」であると考えているのか説明を求めていたが、東電側は回答を避けた。原告側は再度、回答するよう求めた。

日比谷コンベンションホールで行われた支援集会では原告からのメッセージ音声が流れ、その中で原告の一人は「私たち原告は皆さんの前に姿を現すことはできませんが、優しさという気持ちは目に見えなくても私たちに届いています」と感謝の言葉をのべた。

 原告の一人の母親は壇上で以下のように語った。「私の子は高校の時医学部を目指していたが癌の告知を受けて断念した。大学生の時手術を受け、就職の時甲状腺癌のために何社か断られた。それでもめげずにがんばって歯を食いしばってきたその中でも本人もこの裁判を起こしてよかったという生の声を聞けたので12年かかってしまったがやってよかったと思う。引き続き支援をお願いします。」


 私は昨年11月に意見陳述に立った原告女性の「病気になったのが身内や友だちではなく、自分でよかった」という言葉を忘れることができない。未来を担う若者たちにこのような悲しい思いをさせる原発というものを、私たちは決して許してはならないのだと改めて思う。

 次回以降の裁判期日は9月13日、12月6日、3月6日に予定されている。引き続き見守り、支援していきたい。



2023年6月13日火曜日

20230610 脱被ばく実現ネット 新宿アルタ前街頭宣伝 ~「東海第二原発いらない一斉行動」第8弾に参加~

6月10日(土)

脱被ばく実現ネットボランティアは恒例の

新宿アルタ前街頭宣伝を行いました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございます。

★KEITAROU1212さんがツイキャスに来てくれました。

 いつもありがとうございます。


https://www.youtube.com/watch?v=khqR8Z-UBTY
https://t.co/Guc783VfhO



Iさんの報告です。

2023610()

脱被ばく実現ネット 新宿アルタ前街頭宣伝

~「東海第二原発いらない一斉行動」第8弾に参加~  

      

13名の皆さんが参加し、生田まんじさんがギターで抗議行動を盛り上げてくださいました。

 

岸田政権が日本を危険な方向へ誘導しています。60年超の原発の運転が可能になるGX脱炭素電源法案可決成立しました。福島第一原発事故の反省が皆無であり、私たちの生命を脅かし、エネルギー転換を遅らせ産業衰退を加速させる悪質極まりないものです。

 60年を超える原発は、今現在世界のどこにもありません。

 

東海第二が立地する東海村には原発だけでなく、使用済み燃料の再処理、核燃料製造など、多くの原子力関連施設があります。再処理施設には、この世で一番恐ろしい毒物とも言われているプルトニウム溶液が約3.5㎥、人が浴びると数10秒で死に至るという高レベルの放射性廃液が約430㎥ 保管されており、漏れ出すと関東一円に人が入れなくなり、コントロールを失い、その先には日本の壊滅が待っています。

https://www.city.sano.lg.jp/material/files/group/65/2018-02.pdf

 

危険な首都圏原発、東海第二の再稼働は破滅を齎す暴挙であること、汚染水放出は健康被害を更に世界的に拡大させるもので断固反対する、放射性物質はまき散らされ小児甲状腺癌、成人の癌等、深刻な健康被害が多発していること等を新宿を闊歩する皆さんに訴えました。

私たちが支援する311子ども甲状腺がん裁判」

「子ども脱被ばく裁判」の重要性もアピールしました。

 

参加者が「明日があるさ」の替え歌で楽しく、東海第二の危険性を訴えてくださいました。

新宿御苑に放射能汚染土を持ち込む実証事業に反対する皆さまにもエールを送ります!





























2023年6月2日金曜日

20230521 新宿デモ 子どもを放射能から守ろう! 家族も自分も! 動画

2023521   第18回 新宿デモ 

子どもを放射能から守ろう! 家族も自分も! の

ボランティアの動画がYOUTUBEにアップされました。



既にご紹介したKeitaroさんの動画とまた違ったアングルでもありますので

ぜひご覧ください。

2023・5・21 第18回新宿デモ アルタ前広場での集会



2023・5・21 第18回新宿デモ デモ実況