告知

告知

2023年3月31日金曜日

【4.2緊急報告のお知らせ】狐につままれた2つの福島関連裁判(子ども脱被ばく裁判・避難者住まいの権利裁判)の最新状況の報告

 子ども脱被ばく裁判&避難者住まいの権利裁判 弁護団 柳原敏夫

体調不良のため、急遽中止(延期)になった4月2日(日)渋谷光塾にて落合栄一郎バングーバ便り放射線はなぜ危険なのか;考えましょう」のピンチヒッターとして、
狐につままれた2つの福島関連裁判(子ども脱被ばく裁判・避難者住まいの権利裁判)の最新情報を読み解く報告会を行います。

そのカギは国際人権法。とくに昨秋来日し、避難者の居住権を調査して離日時に、「福島県が支援終了後も公的住宅に住み続けた自主避難者を提訴したことをどう思うか」という質問に対し、こう言われた国連人権理事会の特別報告者ダマリーさん。

 現在、ある種の公営住宅に居住している国内避難民が裁判で立ち退きを迫られている場合、私はその立ち退き訴訟に賛成できません。 私から見て、立ち退きはそこに住む国内避難民に対する人権侵害になりかねないと思うからです。 言い換えれば、彼らは再び住む場所を奪われることになるからです。 このようなことは本来の保護の姿ではありません。国内避難民の保護に反しているのです。



 そして、なにが狐につままれたのか?

避難者住まいの権利裁判  

避難者住まいの権利裁判とは、福島原発事故の結果、自らの判断で避難を選択した避難者に提供された仮設住宅(本件は東京と埼玉の国家公務員宿舎)に、福島県が2017年3月末をもって無償提供を打ち切り、そこから立ち退くように求められたことに対し、それは 国内避難民に保障された居住権の侵害であるとして、立ち退きを求めてきた福島県を被告にして、避難者を行政の都合で避難先から追出すことを決めた決定が人権(居住権)侵害であり違法であるという判断を求めて提訴することにしました。それが2022年3月11日、11名の避難者による「住まいの権利裁判」の提訴です(その詳細は->こちら)。

大法廷でこれまで4回の弁論が開かれ、双方の主張の応酬が続いて来ました。また、裁判所は原告の意見陳述を最初の2回だけやったきり、それ以降はやらないと通告して来ました。ところが、3月22日に開かれた第4回目の弁論で、私自身かつて経験したことのない、同時にそれまで想定していなかった、突然変異とも思える出来事が発生しました。 この出来事の詳細とその意義について、今後の見通しとこの裁判に関心を寄せてくれる皆さんが出来る事は何か、について報告します。

 子ども脱被ばく裁判

2014年8月に提訴した子ども脱被ばく裁判は現在仙台高裁の控訴審の審理中ですが、昨年9月12日の第4回弁論で、裁判所は2つの裁判(子ども人権裁判と親子裁判)の弁論を分離しましたが、にもかかわらず次の11月14日の弁論で、親子裁判の5名の証人申請を全て却下しました。その結果、せっかく弁論分離した親子裁判も次回で審理終結と誰もが予想しました。そして本年2月1日、子ども人権裁判の原告全面敗訴の判決言渡しがありました。これで親子裁判の見通しも立ったも同然でした。つまり、ゴールが見えたのです。
そこで向かえた3月27日の第5回弁論。しかし、ここで、想定しなかった展開となりました。まず最初の狐は、この日、誰もが予想していた審理終結とはならず、次回、続行とされました。2番目の狐は、その際、裁判所は「次回で審理終結の予定」とも宣言しませんでした。3番目の狐は、国連人権理事会の特別報告者ダマリーさんの報告について、原告が主張書面を提出しなかったことについて、その訳を尋ねて来ました、まるで提出しなかったことが原告の落ち度であるかのように。第4の狐は、原告弁護団の中で、2月1日の子ども人権裁判の原告全面敗訴判決文の中に、今まで気がつかず、思ってもみなかったビックリするような一文が書かれていたことを発見したことでした。

これらいくつもの狐につままれた一連の出来事の詳細とその意義について、今後の見通しとこの裁判に関心を寄せてくれる皆さんが出来る事は何か、について報告します。

 会場、時間は同日の落合栄一郎のお話と同じ場所、同じ時間です。

何一つ解決していない福島の問題に関心を寄せる皆さんの参加をお待ちしています。

日時:2023年4月2日(日)13時30分~16時(13時開場)

場所:光塾(渋谷駅 JR新南口徒歩1分)地下鉄はC2出口(旧16b出口)から 
講師:
子ども脱被ばく裁判&避難者住まいの権利裁判 弁護団 柳原敏夫

主催:脱被ばく実現ネット、光塾

参加費:無料

会場参加・予約制(先着35名)->参加の申込みは toshiko_english@xf7.so-net.ne.jp または090-84943856(岡田)まで

光和ビル1階はドトールコーヒーです。
*上記地図の16b出口はC2出口に名称が変わりました。

2023年3月29日水曜日

20230327 子ども脱被ばく裁判控訴審 長谷川克己さんの渾身の意見陳述 未来ある子ども達を守るのは私たち大人の責任

3月27日 子ども脱被ばく裁判控訴審が開かれました。

★子ども脱被ばく裁判控訴審 

  仙台高等裁判所
13時から仙台弁護士会館で
井戸弁護団長による学習会『子ども人権裁判判決の読み解き』が行われ、
14時からは「控訴審の争点について」弁護団お話がありました。





仙台高裁へ移動し、原告、支援者約60人で抗議のプラカードを掲げてスタンディン
グ。
とどけ我らのこの思い! その後全員で傍聴席につきました。









原告・長谷川克己さんの渾身の意見陳述に何度となく涙を拭いました。
法廷は裁判長も制止出来ない程の拍手が鳴り響きました。
その後記者会見&報告集会がありました。

次回の裁判は7月31日(月)15時からです。
未来ある子ども達を守るのは私達大人の責任です。
皆さんと共に頑張りたいと思います。








Mさんの感想です。

Hさんの法廷での実に見事な姿勢は感動しました!
裁判官、被告席をかわるがわる凝視し、責任を問う陳述した

覚悟の姿は、核を生み出し、原発を許し、被ばくを見過ごしてきた

私たち大人も責任がある。

社会人として、子どもたちを守り闘って行かなければならないとの思いが

ふつふつと湧いてきました。


*******

冨塚さんの詳細な報告です。


327日子ども脱被ばく裁判控訴審第6回口頭弁論期日報告

 

13時から仙台市弁護士会館で学習会「子ども人権裁判判決の読み解き」がありました。

14時から「第6回控訴審の争点について」弁護団から説明がありました。

 

前回口頭弁論期日21日には、分離された子ども人権裁判の判決が出ました。現在の学校施設ではない安全な地域で教育をうけさせろという請求は棄却されました。

学童は学校環境衛生基準という法律のよって健康が守られているなかで、放射性物質については環境省のサボタージュによって基準値が定められていません。環境基準を定める以上、他の公害物質と同一のレベルにせざるを得ず、その場合、今の被ばく基準(20 mSv)とてつもない基準であること(他の公害物質の7000)が明らかになることを避けたいのだと思います。政府が基準制定を怠っているのなら、司法がかわってあるべき環境基準を示すしかありません。市民が司法に期待するのは、そのような役割です。しかし、政治的に重要な問題については、可能な限り判断を避けようとする裁判官が多いのが現実です。そして、仙台高裁の裁判官もその判断を避けました。

 

子ども人権裁判は、最後まで控訴人(原告)として頑張っていただいたお二人が中学校を卒業するため、上告できず、これで終止符を打つことになります。しかし、この裁判が提起した問題、とりわけ、政府の定めた被ばく基準と被ばくについてのあるべき環境基準のはなはだしい乖離の問題を様々な機会を通じて周りの人々に伝え、広く市民の認識にしていくことが、福島原発事故による健康被害を少しでも減らすために、そして被ばく者が正当な扱いをうけるために、そして、今後、世界で核による市民の被害をなくすために必要なのだと思います。

 

他方、親子裁判(無用な被ばくをさせられたことによる損害賠償請求訴訟)はこれからも続きます。

15時開廷の裁判を傍聴したのは57人で参加した原告は6人でした。

16時からの記者会見・報告集会には河北新報と福島民友新聞の記者も来ていました。

 

原告弁護団の陳述は2つあり、1つは準備書面11で、事故直後に情報が隠蔽されたことを新たな証拠により提示しました。スピーディーの情報を県の役人は県民に知らせず握り潰した。文科省の役人は高濃度放射能のプルームが東日本に広範囲に流れている事実に驚いて、スピーディーを公表するのはまずいと判断した。

2つ目の陳述は、国民の無用な被ばくを避ける権利が奪われたことと、事故時の自己決定権が奪われたこと。自己決定権についてはこれまで明確に主張してこなかったが、世界人権宣言でも第一に取り上げられているように、人権の根幹をなすものと言えます。被ばくを避けるための必要な情報を隠蔽され、高濃度放射能汚染の下に留まるように強制されたのは、自己決定権の剥奪です。

 

原告陳述したのは郡山市から事故から5ヶ月後に静岡県に避難したHさんでした。

3月15日に郡山市にも高濃度の放射能物質が飛来したという情報は全く無かつた。その後徐々に放射線量が異常に高い事がニュースに出るようになって、県外に避難する人が出てきた。4月になると政府はそれまでの放射線の安全基準年間1ミリシーベルトを20ミリシーベルトに引き上げて学校を再開しました。悩み抜いた挙げ句、このままでは幼い子供を守れないと判断し避難を決心した。」

車で郡山市を離れる日に、子供がおじいさんお婆さんとお別れに発した叫び声をいまも思い出すそうです。このままでは済まされないと思ったそうです。きっぱりと話し終えた原告の陳述に傍聴席から大きな拍手が起きました。

 

以上 冨塚元夫 2023328




2023年3月20日月曜日

中止のお知らせ 4月2日(日)イベント(zoomあり) ★落合栄一郎 バンクーバー便り★ 放射線はなぜ危険なのか;考えましょう ご参加ください。

大変申し訳ありませんが、落合栄一郎氏は体調不良のため、
帰国が延期となり、予定していた4月2日のイベントが中止となりました。

ご参加予定、拡散して下さった皆さま どうぞご了承下さいませ。



  ★落合栄一郎 バンクーバー便り★

 

日時:2023年 42日(日) 1330分~16時(13時開場)

場所:光塾(渋谷駅 JR新南口徒歩1分) 会場参加・予約制(先着35名)

主催:脱被ばく実現ネット、光塾

参加費:無料

★参加申込み先 toshiko_english@xf7.so-net.ne.jp 090-84943856 (岡田)まで

   詳しくは下記をご覧ください。

 





オンラインでは、以下からご視聴ください。(予約不要)

時間: 202342 01:30 PM 大阪、札幌、東京

https://zoom.us/j/93724534889?pwd=YkYwZEpiQUFVSWVlRjhCZ1FnWURxZz09

ミーティングID: 937 2453 4889

パスコード: 350038  

 

●1部

  落合栄一郎さんのお話  

    「放射線はなぜ危険なのか;考えましょう」

●2部  

   落合栄一郎さん× 柳原敏夫さんの対談 

     質疑応答&交流

 

  落合栄一郎さん プロフィール

東京神田生まれ、戦争で埼玉県狭山市に。2019年、東大の助教を辞し、カナダバンクーバーへ。

ブリテイッシュコロンビア大で10年ほど化学を教え、それから、ペンシルバニア州のジュニアタ大で、2005年まで教職。

退職後は、バンクーバーに。憲法9条を守る会、World Federalist運動などに参加。

2008年から、毎夏原爆展を開催。福島原発事故に触発されて、放射線問題に取り組む。

 



20230319 官邸前抗議行動 《福島を忘れない!原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動》に参加 原発推進許さない!

《福島を忘れない!原発政策の大転換を許すな!全国一斉行動》に参加し、本日官邸前にて抗議行動を行いました。

31名の皆さまの参加で、歌と演奏を交え、マイクリレーで皆さんと共に抗議の声をあげました。

 

シュプレヒコール

 原発政策の大転換を許さない!

 原発推進許さない!

 放射能汚染水海に流すな!

 危険なトリチウム 海に流すな!

 小児甲状腺がんの若者達に謝罪と補償を!

 原発被害者の謝罪と補償を!

 世界のどこにも原発いらない!

 廃炉!廃炉!廃炉!








Mさん 感想

官邸前抗議お疲れさまでした。官邸前に少し早めに行くと、
いつも袴姿の役者さんでもある
「ミギタさん」がギターをもって座っていた。
何時からですか?と聞いてくださる。
横断幕を用意しながら、少しお話しした。
彼は朝早くから座り込みしながら官邸前をウオッチングしていたと。
ヘリが2回も官邸の屋根に飛んできて、まるで発着訓練しているようだった。
抗議行動が熱くなリ参加者が多くなったら、権力者たちはいつでも逃げ出せるように
準備でもしているのかも。と話して下さった。
 
そのような状況ないとは言えない。
燃料の高騰などを受けてなんでも値上げで、税金が払えない、
電気代が高すぎて暖房をつけられない、食事の回数を減らしたなど、
悲痛な声が聞こえてくる。
原発政策の大転換で原発の新増設が閣議決定され、
GX(グリーントラストメーッション)推進法?など
結局は建設にかかる費用は電気料金に価格転嫁できる仕組みのなか、
国会議論を経ずに「閣議決定」で決められていく。
 
国会が休みの日曜日の官邸前界隈は、お天気のせいもあり、
銀杏の並木はほんの少し新芽が芽吹きつつあった。
遠目で見る銀杏の木々はうっすらと黄緑色がかり、
春の直射日光をあびて、春はもうすぐそこまできている!と思いながら、
声を上げ続ける事を決意する。
 
総掛かり行動に参加した方々が、官邸前からの呼びかけに
信号を渡って下さり、なじみの参加者とはじめてお目にかかる方もあり、
いつもより多くの参加があった。
そのせいかカンパ袋には千円札が5枚も入っていた!
感謝、感謝。
 
声をあげよう!







 

2023年3月15日水曜日

20230311 原発事故から12年 東電本店前で合同抗議 きれいな故郷をかえして下さい! 原子力緊急事態宣言は今も発令中! トリチウム海に流すな!

「第114回東電本店合同抗議」が行われました。

今も原子力緊急事態宣言は発令中だというのに、事故が無かったかの

ように原発再稼働を進め、汚染水海洋放出しようとしている政府・東電

に対し多くの人が集まり、抗議行動を行いました。

脱被ばく実現ネットのメンバーも時間をいただいて発言しました。

日時:3月11日()13:30より15:00


U-PLANさん、ケイタロウさん、

動画の撮影および、ネットへのアップありがとうございます。



https://twitcasting.tv/keitarou1212/movie/761520664


 

脱被ばく実現ネット 発言 岡田

 

私が生まれ育った故郷はきれいな海と砂浜、そして美味しい海の幸が豊富ないわき市の海岸沿いの町でした。

東電が起こした原発事故の放射能で汚染されてしまいました。

きれいな海をかえして下さい! きれいな故郷をかえして下さい!

国や福島県は復興、復興といかにももう福島はすっかり安全な所とでもいうかのように、放射能の線量がまだ高い所への移住を斡旋したり、

子ども達を巻き込んでマラソン大会をしようとしたりしています。事故後12年になる今も原子力緊急事態宣言を解除できないということ、

これって福島原発は収束してなくて まだまだ危険な状態だということですよね!😡 

 

その上、放射能汚染水を処理水などと言って、漁業関係者や近隣諸国、私達の猛反対を無視して海に流すんですか!😡 

ここにトリチウムの危険性を書いた一冊の本を持ってきました。この本の初めに「福島第一原発事故の汚染水を海洋に放出してはならない」とあります。

たんぽぽ舎でも学習会をした知人の渡辺悦司氏は癌と闘いながらこれを書き上げ昨年2月に亡くなりました。

病院から電話をよこして若い人や大事な方達にあげてほしいと10数冊託されたのでした。

彼は海に放出されたトリチウムが環境に循環して大変な事ことになる事を訴え、なんとしても放出を食い止めたかったのです。

 

彼の魂と共に抗議します。放射能汚染水海に流すな!!

危険なトリチウム海に流すな!

そして100万人に一人か二人と言われている小児甲状腺がんが 378万人の福島の子ども達だけで300人以上に増え続けているのは紛れもない事実です!

原発事故当時子どもだった福島の若者7人が昨年やっと勇気をもって東電を訴えた「311子ども甲状腺がん裁判」があります。

転移したり手術を何度もしている原告の若もの達がどんなに辛い思いで過ごしているか。。。

これが福島原発事故の放射能のせいでないなら原因はなんですか!?

 

東電は事故の責任を認め、なんの落ち度もない彼らに謝罪と将来の補償をして下さい! 

何度でも言います。事故の責任を認め 彼らに謝罪と将来の補償を!放射能汚染水海に流すな!危険なトリチウム 海に流すな!

 

3月15日東京地裁である「311子ども甲状腺がん裁判」に是非応援に駆けつけて下さい。

皆さんの応援が原告の若者達の力になっています。 よろしくお願いします!

20230311 UPLAN「第114回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

 

YOUTUBE.COM

20230311 UPLAN「第114回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

 


 

2023年3月6日月曜日

20230305 ★新宿アルタ前 街頭宣伝★   ~「東海第二原発いらない一斉行動」第7弾に参加~ 若者グループも原発反対訴える

★新宿アルタ前 街頭宣伝★
  ~「東海第二原発いらない一斉行動」第7弾に参加~
 日時:3月5日(日)14:00~15:00
 主催:脱被ばく実現ネット
ご参加、拡散して下さった皆さまありがとうございました。
支援者の方、ボランティアの12名で
新宿駅から出てくる人向かう人達にチラシを配りながら、首都圏に一番近い茨城県にある東海第二原発はいらない!日本のどこにも危険な原発はいらないとマイクリレーをして訴えました。
若者グループも関心をもって話しかけてくれ、今朝の東京新聞の福島の記事をみながら原発反対と訴えてくれました。
生田まんじさんの素晴らしい歌声と演奏はアルタ前に響き渡っていました。ブロボー! いつもありがとうございま~~す。😊































感想

春の日差しが感じられる新宿アルタ前はコートを着ない
人々が目についた。
”東海大2原発いらない統一行動”が、通り過ぎる人々の目に
留まるようにと、ロール和紙に書いた文字。
「原発政策大転換をゆるすな!全国統一行動!連帯!”
原発災害を拡大させたのはだれだ!” と、
”声を上げよう東海大2原発はいらない”
”子供を被ばくから守ろう!家族も、自分も”
”子どもを放射能から守ろう!脱被ばく実現ネット”
”チェルノブイリ法・日本版の会”
そして”子ども脱被ばく裁判仙台高裁へ応援にいこう!”
4枚の横断幕と数々のプラカードの掲示を
見守ってくださった参加者12名。

少なくとも若者たち数人の足を止め、マイクを握る等の関心を高め、
参加者との疑問や意見等の対話の輪ができた。

後半に私たちの抗議行動を妨害しに来た右翼たちは
電気料金が高くなるのは原発反対する者たちのせいだ!
原発はクリーンな電気だ!反対するのは非国民!
高性能マイクでがなり立てた。
その周りは私服刑事、制服警官が警戒する新宿駅アルタ前の風景だった。
声を上げ続けなければこの雰囲気もあっという間に
政治や社会問題には発言しない、顔の見えない人々の街になるのだろう。(M)


報告

・行動団体名:脱被ばく実現ネット

・行動日時:3月5日(日)14001500

・行動場所:新宿駅アルタ前 ・行動人数:12人 ・行動責任者名:漆原牧久

・行動内容:横断幕・プラカード掲示とスタンディング、マイクアピール、チラシ配布、

生田まんじ氏による反原発楽曲演奏

【感想】

通り過ぎる人々の目に留まるように、「東海第2原発いらない統一行動」、「原発政策大転換をゆるすな!全国統一行動!連帯!」と書いたロール和紙、「声を上げよう東海第二原発はいらない」「子供を被ばくから守ろう!家族も、自分も」「チェルノブイリ法・日本版の会」そして「子ども脱被ばく裁判仙台高裁へ応援にいこう!」の4枚の横断幕と数々のプラカードを掲示した。ボランティアメンバーは「古い!危ない!東海第二原発動かすな‼」のゼッケンを身につけ新宿駅から出てくる人向かう人達にチラシを配りながら、「東海第二原発動かすな!」「日本のどこにも危険な原発はいらない!」とマイクリレーで訴えた。支援者の方々もビラ配りやマイクリレーに加わってくれた。マイクリレーの合間には生田まんじさんの素晴らしい歌声と演奏がアルタ前に響き渡った。

数人の若者グループも関心をもって話しかけてくれ、参加者との疑問や意見等の対話の輪ができた。若者の1人は当日の東京新聞の福島の記事を見ながらマイクを握って原発反対と訴えてくれた。

後半に私たちの抗議行動を妨害しに来た右翼たちは「電気料金が高くなるのは原発反対する者たちのせいだ!原発はクリーンな電気だ!反対するのは非国民!」と高性能マイクでがなり立てた。その周りは私服刑事、制服警官が警戒しており、緊張感の高まりの中でアピール行動を終えることとなった。

あの原発大災害から12年。これからも、声を上げ続けて行こうと思う。

(U) 


 まんじさんの歌や支援の方々のお陰もあり 左隣りでの原発賛成右翼や反対側での市民が行う政権批判のマイク合戦の中でも、実現ネットは若者たちを巻き込む程のパワーで 「原発いらない!」「福島事故は継続中!」「東海第二原発の事、知ってください!」などを訴えました。

あの核災害から12年。これからも、声を上げて行こうと思います。(S)