【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 11月19日  (17時~18時) 
   場所: 
官邸前
   内容: 抗議集会

■ 新宿アクション (第2の土曜日開催変更しました)
   日時: 12月8日(土曜 (15時~16時の予定
   場所:JR新宿東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2017年9月28日木曜日

【勉強会】脅かされる子供たちの生命・健康・未来~チェルノブイリから学ぶべきこと

講師:白石草さん (OurPlanet-TV)

場所:スペースたんぽぽ        
  日時:2017.9.25             
告知内容 => ここから       

 冒頭で「チェルノブイリで取材したことを前半に、後半に福島で取材していることをお話します」と述べられて白石さんの講演が始まった。

 前半の説明で、チェルノブイリでは色々な病気が原発事故の影響として認められており、更にキエフ市(ウクライナの首都)のような汚染地域として認められていない所でも、給食の無償提供(1年生~4年生)や病気になれば認定がもらえる制度があると報告があった。
 更に、説明に使われたビデオではウクライナは戦争の影響で財政が厳しい状況だが、それでも子どもの保養に対する支出は減額していない、また、子どもの健康は最優先課題の一つと考えているとの表明が対応者からあった。
 【筆者コメント】この一連のウクライナの方針を聞いて思うのは、我が国の方針とのギャップであり、我が国は平家物語の「驕(おご)れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し」の驕れる指導者の集まりと思わざるを得なかった。

 後半の「福島での取材」では、何が起きているのか大変分かりにくい状況にあるが、唯一分かるのは福島県民健康調査の小児甲状腺ガン報告であるとした。
 しかし、これに関しても、国際ガン研究機関(IARC)により日本主導で来年春に開催する会議が「原発事故後、甲状腺検査をすると不要に過剰診断がおこり、子供達の人権が侵害されるので止めた方が良い」との答申を出すと考えれれている。これにより、検査の縮小や中止に至る可能性があると白石さんは指摘している。
 【筆者コメント】原子力マフィアにより、当面の利益、当面の体裁確保のために、将来の日本を支える子どもを犠牲にするとんでもない東大話法が展開されようとしている。

 更に、190人の小児甲状腺ガンの手術をした人たちの術後の状況報告がなされていないことを白石さんは指摘し、甲状腺ガンの転移(遠隔転移)の治療として行うアイソトープ治療の説明に及んだ。
  【筆者コメント】このアイソトープ治療は原発事故で多量の放射線を浴びた上で、更に人為的に放射性ヨウ素を飲まされ、再び大量被ばくをする治療だ。これは甲状腺がヨウ素を集める性質持つことを利用した治療であるが、ガン化した甲状腺細胞は本当にヨウ素を集める性質を維持しているのだろうか?との疑問がある。更に、転移したガンが選択的に放射性ヨウ素を集める性質があるのならば、少量の放射性ヨウ素の服用でよいのではないかとの疑問もある。
それにもかかわらず、患者さんを隔離しなければならないほどの多量の放射性ヨウ素を服用させのでは例えガンの転移が押さえられたとしても、被ばくが身体に与える影響は計り知れない。
 近年、詭弁や嘘が横行する世界を見せつけられて筆者は根性が曲がってしまったのかもしれないが、この治療は単に身体全体を被ばくさせ、ガン細胞を減らす野蛮な治療なのではないかと疑問があり、更にこれは放射性ヨウ素の服用が身体に及ぼす影響を調べる人体実験ではないのかと疑問を持ってしまう。
 その大量実験設備として「ふくしま国際科学医療センター」が福島県立医大に新設されたのではないかと疑念を個人的に持っている。
 この疑念が正しければ、まさに悪名高き「満州第七三一部隊」の福島版だと心配している。


  --当日のビデオは以下です--

 (No.1)脅かされる子供たちの生命・健康・未来~チェルノブイリから学ぶべきこと
   => ここから

(No.2)脅かされる子供たちの生命・健康・未来~チェルノブイリから学ぶべきこと
   => ここから

(質疑応答) 脅かされる子供たちの生命・健康・未来~チェルノブイリから学ぶべきこと
 (カメラ操作ミスがあり、最初の方の質問と白石さんの回答の一部が録画できませんでした。申し訳ありません。)
    => ここから 

 --当日の配布資料は以下からダウンロードください-- 
    => ここから 

2017年9月25日月曜日

20170923 新宿アルタ前・関西・浜松同時街宣 埼玉県で原発事故後、心筋梗塞が1873件から2752件に

関西の画像を追加しました。9月25日 
9月23日、新宿アルタ前にて恒例の街頭宣伝活動を行いました。



  この日は関西で活動中の「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」(略称:Go West)も同時に街宣活動を行い、
また東京メンバーが東海地方に移住して始めた「(仮)子どもを被ばくから守ろう!! 東海」も初めて静岡県浜松駅北口にて チラシの配布活動を行いました。
浜松市は浜岡原発から40キロ圏内にある政令指定都市です。 人口としては県庁所在地の静岡市より多い約80万人が暮らしています。


★★★
  新宿アルタ前広場における街頭宣伝のYoutube映像をごらんください。撮影の大庭さん、いつもありがとうございます。 
 前半は配布しているチラシをなかなか受取ってもらえなかったが、後半は受取りが良くなったとのことです。 外国人夫婦が強い興味を示してくださったそうです。
 街頭宣伝の効果は目に見える形にはなかなかなりませんが、継続は力と信じています。

  ---
関東から避難した人達を含めて大阪(梅田)と浜松(駅北口)で同時刻に街頭宣伝をしています
https://www.youtube.com/watch?v=mvSoLM9KdSs 

歌とアピール(福島原発は現在進行形で毎時1000万ベクレルの放射能を海へ空へ流し続けています)






https://www.youtube.com/watch?v=EXWuDGcWKj8

埼玉県では原発事故前後で心筋梗塞が1873件から2752件に、急性白血病は266件から757件に増えています
https://www.youtube.com/watch?v=slXKsfMxyWo 

アピールにオーストリアのご夫婦が大変関心を示してくださりました https://www.youtube.com/watch?v=cvYAgCoMdRI 

チラシ記載の記事(福島第一原発排気塔が倒壊の危険!)を説明 https://www.youtube.com/watch?v=_w51Uj6fQQ0

 白石草さん(25日19時~)落合栄一郎さん(28日14時~)の講演、福島地裁での裁判(10月18日)などの告知
https://www.youtube.com/watch?v=MgrEW7tLkCc





初めて浜松駅でチラシ配布を行った「(仮)子どもを被ばくから守ろう!! 東海」の仲間から報告が入っていますので、掲載します。


★★「(仮)子どもを被ばくから守ろう!! 東海」浜松駅北口チラシ配布 20170923

初めてのチラシ配布でしたが、浜松は予想以上の都会でした。

今回は準備が不十分でポスターや看板などを用意することができませんでしたが、
もしお話をしたいという方がおられた時のための糸口になるように
たんぽぽ舎から委託されたNO NUKEバッジや、落合さん、渡辺さんの本
浜岡原発がもし事故を起こしたらという本、裁判の陳述集などを用意して
一部展示しながら行いました。


2006年に食品と暮らしの安全基金の
古長谷 稔さんが書いた「放射能で首都圏消滅」
の地震の危険度と原発の位置を示した図。
浜岡は日本でも一番危険な場所、浜岡砂丘に立っている。

浜松市は浜岡原発から40キロ圏内の都市。
中部電力は浜岡原発を動かそうとしており、
原子力規制委員会は名前と反対で規制どころか
次々と原発稼働を認めているから
私たちが反対しなければ再稼働されてしまう
ということや
浜岡は最も地震の危険度の高いところにしかも砂地に立っている原発で
東海地震も何時起こるかわからない。
福島第一原発事故のような事故が起これば
この浜松も放射能汚染による子どもたちの健康被害が起きるかもしれない。
福島原発事故から6年たっても福島に帰れない人が大勢いる。
子どもたちには小児甲状腺がんなど多くの健康被害が出ている。
現在も福島原発は危ない状況である。
東京でも健康被害を訴えている人が沢山いる。
子どもたちの未来を守る、健康を守るために
ぜひ、このチラシを読んでください。

浜岡原発を絶対に動かしてはなりません。
などの訴えをしながらチラシ配布を行いました。

マイクでの訴えがないのでチラシの受け取りは良いとは言えませんでしたが、
脱被ばく実現ネットのチラシやGo West のチラシを計100枚以上配布しました。

一度通り過ぎてから、原発・被ばく問題のチラシという訴えを聞いて
チラシを取りに戻ってくださる方もいました。

浜岡原発は風向きからいって関東にもっとも放射能汚染をもたらす原発として
また、地震の多い日本でも最も地震の危険度の高い立地であり
以前から大変な問題とされていました。
3.11後、当時の菅直人首相が停止を指示したことを見ても
いかに危険かがわかる原発です。
そのお膝元といえる浜松で被ばく問題を訴える事は
大変重要だと思います。

次回10月は第3土曜日の21日、浜松駅北口でのチラシ配布を予定しています。
ぜひ、ご参加ください。
(Y)

★★



僕は資格勉強のため、しばらく市民運動を休んでいましたが、東京の脱被ばく実現ネットで一緒に活動されていたYさんが近くに引っ越されたこともあり、Yさんをお誘いし、東京の子どもたちを被ばくから守るため、また立ち上がることにしました。


初めての浜松でのアクションなので、配布場所に迷うかもしれないと思いましたが、駅前が広々としていて、ここなら最適だと思い、場所に迷うことはありませんでした。

チラシ配りを始めると受け取りが思ったより悪く、これは苦労するだろうなあと思ったら、(失礼ながら)Yさんが色々訴えながら僕の予想以上に一生懸命チラシ配布されていたので、僕も負けられないなと思い、僕も訴えながら一生懸命チラシ配布しました。

横では男の人がギターを弾きながら、良い曲を歌っていたので、飽きずにチラシ配布することが出来ました。

チラシ配布を終え、1時間で、Yさんは約70枚、僕は約40枚チラシを配ることが出来ました。

駅前もきれいで、途中浜松の方たちの人柄の良さを感じることも出来たので、来月もまたYさんと、浜松でチラシ配りをしようと思います。 (S)

★追加
「Go West, Come West!!! 3.11関東からの避難者たち」(略称:Go West)から、街宣活動の写真が届きました。
 3つの時点で同時に被ばく問題を訴える活動を行ったことは大変有意義だと思います。



 Go West は10月は22日(日)の昼12時から街宣の予定です。
 皆様、ぜひご参加ください。



2017年9月21日木曜日

2017年9月25日 白石草さん講演会 脅かされている子どもたちの生命・健康・未来〜チェルノブイリから学ぶべきこと

       ★☆★講演会のお知らせ★☆★
脅かされている子どもたちの生命・健康・未来
     〜チェルノブイリから学ぶべきこと  


講師:白石草(しらいし はじめ)さん    
9月25日(月)19時〜21時(開場18時30分) 
共催:脱被ばく実現ネット/たんぽぽ舎
会場:スペースたんぽぽ  参加費(資料代含む):800円(学生400円)


プロフィール:1995年東京メトロポリタンテレビジョン社に入社。2001年に独立
し、非営利のインターネット放送局Our Planet-TVを設立。2005年NPO法人とな
る。2012年、日本女性放送者懇談会の「放送ウーマン賞」日本ジャーナリスト会
議の「JCJ賞」を受賞。ドキュメンタリー『東電テレビ会議49時間の記録』で
2014年、日本科学技術ジャーナリスト会議の「科学ジャーナリスト大賞」を受賞
した。
著書 『ルポ チェルノブイリ28年目の子どもたち ウクライナの取り組み
に学ぶ』岩波書店、『3.11後の子どもと健康 保健室と地域に何ができるか』
(共著、岩波ブックレット)

原発事故から30年が経つチェルノブイリでは、事故直後の白血病や甲状腺がん
などの多発を経て、いま、事故後に生まれた子どもたちの健康問題が、大きな問
題となっています。一方、福島県の甲状腺検査では、小児甲状腺がんの検出率が
ウクライナの汚染地域を上回る地域が多数出ています。事故から6年。東北から
関東に広がる汚染地域で暮らす子どもたちの未来とは?
大人たちは今、何をすべきなのでしょうか?

是非ご参加ください。

お問い合わせは 

たんぽぽ舎 Email: nonukes@tanpoposya.net tel 03-3238-9035 
脱被ばく実現ネット nijisaiban@gmail.com  090-8494-3856(岡田)

2017年9月19日火曜日

20170918 さようなら原発 さようなら戦争 全国集会に脱被ばく実現ネットブースを出店

台風で開催が危ぶまれましたが、9月18日は台風一過の青空の下、さようなら原発 さようなら戦争全国集会が東京代々木公園にて開かれました。
 9500人が参加し集会とデモを行いました。
 脱被ばく実現ネットは今年もブースを出店し、福島や全国の被ばくの実態や福島原発が依然として危険な状態にあることなどの展示や子ども脱被ばく裁判の署名集めなどをしました。沢山の方がブース内の展示物も見て下さいました。
 また会場やデモ出発時に10月28日の落合栄一郎氏講演会と11月11日(土)新宿デモのお知らせチラシなどを計5500枚以上配布しました。
 今回初めてとなる移住情報についてのチラシも各ブースを回って配布し、情報提供や情報拡散のお願いをしました。



賑わう脱被ばく実現ネットブース


佐藤和良さん(福島原発刑事訴訟支援団代表)、森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団代表)
山城博治さん、落合恵子さん、鎌田慧さんを
先頭に元気にデモに出発!





展示物の一部
報道ステーションの特集(日本の法律で年間1ミリシーベルトの被ばく限度なのに
福島では年間20ミリシーベルトで帰還が促されている)
破断した福一の排気塔が倒壊の危機。倒壊すれば高濃度放射線が放出されてしまう。


山本太郎氏が国会で質問した1082件の甲状腺手術の資料


沢山の展示物を用意しました。
学校の先生という方が本を買ってくださり、
また、ブース内の展示物も見てカメラ撮影してくださり、
生徒に見せたいとお話されました。
大変な現実ですが子どもたちに知ってもらえることが、うれしいです。


お隣は福島原発告訴団のブースです。


子ども脱被ばく裁判原告で、避難の協働センター世話人の松本さん。
いつもながらの気合いの入った発言です。
松本さんは脱被ばく実現ネットのブースも手伝ってくださいました。


メイン会場の様子


武藤類子さん、松本さん、森松明希子さん
9月22日千葉訴訟判決・10月10日生業訴訟判決と次々と判決が出ます。
全国から応援メッセージを集めよう企画! とのことです。


森松明希子さんがブースに来てくれました。








いつも元気をくれる山城さんの踊り!

このままデモに行きたいね!

台風一過でとても暑い中、皆様、お疲れ様でした!



2017年9月10日日曜日

20170906 東電本店合同抗議 「何故柏崎刈羽を動かそうとするのか!」規制委員会の非常識な判断に怒り!!

脱被ばく実現ネットボランティアは201796() 第48回東電本店合同抗議 18301945に参加しました。




呼びかけ団体:たんぽぽ舎、経産省前テントひろば  
賛   同   団  体:東電株主代表訴訟他126団体
映像配信は立花健夫様から、いつも有難うございます。
https://youtu.be/Q3a8YpqXgcQ
↑開始・春橋さん・渡辺さん(甲状腺がんの話)
https://youtu.be/oQd6s8BuQys
↑引き続き渡辺さん・歌・東電申し入れ
https://youtu.be/asbOknla9pk
↑東電申し入れ・鴨下さん発言など
https://youtu.be/wqQPXHXrYbc
↑中間コール・救援連絡センター・避難者で歌手のゆかりさん
https://youtu.be/ef8csgJP6Wc
↑各アピール・太鼓
https://youtu.be/AcVQ1df2NdI

「原子力規制委員会 柏崎刈羽原発13日適合へ」当日のビッグニュースです。(そのためか共同通信と毎日新聞の取材がありました)田中委員長の退任に花道かと揶揄されています。規制委の国民感情を無視した非常識な判断に参加者の怒りの声も高まりました。
当日も東電への申し入れ、日音協のミニライブ、玉川太鼓の演奏と参加者がそれぞれのスタイルで同抗議行動に参加しました。

◆金曜行動 春橋さん
8月31日フクイチで協力企業作業員1名の死亡が確認された。東電が公表している作業員の死亡者数は17名になった。しかし、寮で就寝中の死亡などはカウントされない。協力企業作業員は機械の部品なのか!東電の日報には「ご冥福をお祈りします」の一文もない。フクイチには約16,000人が勤務しているが、東電社員は10パーセントに過ぎず、社員だけでは何も出来ない。
これで何故柏崎刈羽を動かそうとするのか!事故の後始末に全力を傾けるのが当たり前。当たり前でない判断を政府や規制委が後押ししている。
規制委を傍聴すると東電の川村会長や小早川社長は柏崎刈羽を動かす気満々で「何とかやらせてください」「しっかりやります」そればかりを言っている。
これから益々監視と抗議の行動が重要になる。

◆福島原発被害東京訴訟原告団長 鴨下さん
今、避難者消去問題という深刻な事態が起きている。実際大阪では避難者数が急減し、関西訴訟の原告がおかしいと訴えたところ元の数字に戻った。避難者数の確定を地方自治体に投げてしまったようだ。避難者を消すために避難住宅を打ち切ったのか!こうしたことを許す訳にはいかない。
全国の集団訴訟も山場。9月22日千葉訴訟、10月10日生業訴訟で判決(両訴訟共に当日東電前で抗議行動有り)が出て、10月25日には私たちの裁判が結審する。逃げ回る国、東電は何度勝訴判決が出たら、私たちの話を聞くのか?
こうした抗議行動、報道の力、皆さんの世論を支えに、国、東電の無責任な状況が続いていることを認識させ、被害者に対する賠償を勝ち取っていきたい。

◆救援連絡センター キクチさん
仲間である松平耕一さん(東京在住39歳 15年に大腸がんのステージ4)が亡くなった。 彼は「放射能の影響がある。国と東電を許さない。責任を取らせたい」と公言していた。
彼はアルバイトで東電のADRの書類をコピーし続け、狭い室内で封筒や書類についた放射性微粒子を吸い続けていた。仕事内容は口外するなと厳命されていた。
私たちは東電前で抗議し、申し入れを行ったが、東電からの回答は「因果関係は説明できない。法的問題は無い」だった。8日に東電前で抗議行動を行います。松平さんの無念を忘れません。

◆脱被ばく実現ネット
海の日に行われた広瀬隆さんの講演会によれば、小児甲状腺がんで肺に転移した子どもは過酷なアイソトープ治療を受けている。37億ベクレルの放射線のカプセルを飲み、何日もコンクリート部屋に隔離され、放射線の副作用で悶絶するような気持の悪さを味わい、下痢や嘔吐しても、高線量のため医療従事者も入室できず、子ども自身が汚物や吐しゃ物を掃除している。
福島県立医大はこうした大掛かりな医療施設をわざわざ建設した。これで「原発事故の影響とは考えにくい」とはとても言えない!広島原爆168個分の放射能が降り注いでいる。メディアは北朝鮮のことばかりではなく、福島の事を忘れず、事実を報道してください!

取材に来ていた共同通信と毎日新聞には、参加者の声をしっかりと報道して頂きたいと思います。


伊藤記