【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2011年6月27日月曜日

ふくしま集団疎開裁判を申立

 6月24日午後、多くの方々の大変な協力を受け、福島地裁郡山支部に、郡山市を相手に郡山市の小中学生14名が年1ミリシーベルト以下の安全な場で教育を実施するよう求める裁判(仮処分)を申し立てました。

 代理人には、5年前の稼動中の志賀原発の差止を命ずる判決を書いた井戸謙一元裁判長が参加しており、この日の申立には関西から来ました。

 この裁判の概要や趣旨は、提訴のあとの記者会見で読み上げた以下の声明文に述べられています。


 記者会見要旨
  http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/110624PressRelease.pdf

 提訴後の夕方、裁判所から連絡があり、第1回の期日を、7月5日(火)午後4時半(予定)となりました。


 記者会見と親御さん、代理人弁護士へのインタビュー
  ・OurPlanetTV, 2011-6-25
  「学校の集団疎開求め仮処分申請~郡山の子ら14名」
   http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1132

 記者会見では、ロンドンの欧州放射線リスク委員会(ECRR)科学議長のクリス・バズビー博士と、ハワイの通訳・森田玄氏、それと郡山の会場をスカイプでむすび、バズビー博士からメッセージをいただきました。会見後、会場の参加者からの質問に答えていただきました。

 ・ECRR クリス・バズビー博士 スカイプ・メッセージ
     その1:メッセージ【13分31秒】


     その2:Q&A【64分42秒】


  ビデオ:http://p.tl/WgsZ

0 件のコメント:

コメントを投稿