【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 10月19日 19時45分~(約1時間)
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

■ 講演会開催  → 詳細はこちら
  10月28日(土)14時~   開場13時半
  −21世紀の核問題−
  核(軍事も平和利用も)を地球上から無くさなければ、
  人類に未来はない…  
  講師:落合栄一郎 さん     会場:光塾(渋谷)

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 10月28日
   場所: (同日の講演会で代替予定)

 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2017年4月15日土曜日

「原発事故被害者の救済」――移住等の情報の提供のお願い

まつもと子ども留学ホームページから

 福島原発事故から6年が経過しました。
 この6年でハッキリしたことは、放射能災害は桁違いの過酷事故であるにもかかわらず、 事故の加害者である国がこの放射能災害を従来の災害と同様のもののように扱い、
被害者に対する僅かな救済であった住宅無償提供などさえ打ち切って、経済復興と帰還政策を押し進めていることです。
 事故は終わったといくら国が言っても、現実には、放射能災害による健康被害は深刻化する一方です。
 避難指定区域からの避難者の殆どが避難解除されても帰還しておらず国と福島県は帰還させるのに必死です。
 そのため、今でも健康不安の中でも様々な理由で避難したいと思っても出来ないでいる人や仕方なく帰還した人たちの殆どが、どうやったら避難できるのかがわからず、諦めの中に身を置いています。

 しかし日本には、そうした不安の中で何とか避難したいと願っている人たちに少しでも助けになればと、支援の取組みをしている自治体、市民団体、善意の人々がまだまだいます。
 けれども、このような貴重な「原発事故避難者の救済」情報はそれを必要としている人たちに必ずしも十分に伝わっていません。

 そこで、私たちは、日本各地の自治体、市民団体、善意の人々の手で行なわれている「原発事故避難者の救済」情報を出来る限り集めて、私たちのサイトで情報発信し、これを必要としている人たちに届けたいと考えました。
 原発事故からの救済を望んでいる人たちが、私たちのサイトでこれらの情報を知り、新たな行動に出るきっかけになればと願っています。

 そのために、いま、日本各地の自治体、市民団体、善意の人々の手で行なわれている「原発事故被害者の救済」情報を集めています。
このような情報をご存知の方は、是非とも、私たちにお寄せいただくようお願い申し上げる次第です。

 ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

情報の提供先は以下です。
nijisaiban@gmail.com

尚、情報が集まり次第「脱被ばく実現ネット」ブログにて公開し、随時追加させて頂きます。
https://fukusima-sokai.blogspot.jp/


写真は福島からの子どもたちの留学、保養を地域ぐるみで支えてくれている「まつもと子ども留学」のホームページの写真です。
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net

0 件のコメント:

コメントを投稿