【アクション告知】

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 3月19日 (共催する参議院会館での学習会と重複するため中止です

2017年7月24日月曜日

20170722 新宿アルタ前街頭宣伝  せめて旧ソ連なみの救済制度(チェルノブイリ法)を日本でも制定しようと取組みだしました

新宿アルタ前街宣(7月22日)の映像をご覧下さい。
 アルタ前広場には、ドイツのフリー ジャーナリスト、ほとんどアルタ前にこれらないメンバーの1人、前は常連でしたが、この半年位音沙汰が無かったメンバー、など常連の以外の方々も含めて街頭宣伝を開催しました。
皆さん、発言してくださった 皆さん、ありがとうございました。

          汚染水を薄めて海に流そうとしている、こんな卑劣なことを国は企んでいる


          新宿の放射能は秋田の16倍の1マイクロシーベルトもある、
          富山、石川は無検出だ

          世界中の人が見ています、日本は何をやっているのだ、
          なぜ原発を再稼動するのだ

          大阪の梅田での集会と中継

          汚染地の子ども達は夏休みで保養に出かけ始めた、
          しかしその後は汚染地に再び戻る問題がある


          食べて応援は、イコール内部被ばくです

          子ども脱被ばく裁判と、その公正な裁判を求める署名の説明


          せめて旧ソ連なみの救済制度(チェルノブイリ法)を
          日本でも制定しようと取組みだしました

0 件のコメント:

コメントを投稿