【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 10月19日  (17時から45分間) 
   場所: 
官邸前
   内容: 抗議集会

■ 講演会開催(共催:たんぽぽ舎、田中一郎さん、脱被ばく実現ネット)
   日時: 10月20日  (13時~17時) 
   場所: スペースたんぽぽ(水道橋)
   講師; 白石草さん(OurPlanetTV代表)、柳原敏夫 弁護士

   内容:1. 小児甲状腺がん200人のかげで何が起こっているのか? ~子ども甲状腺がんと「県民健康調査」
      2.子ども脱被ばく裁判とチェルノブイリ日本版について

■ 新宿アクション (11月10日は第11回新宿デモを開催します)
   詳しくはトップページをご覧ください

■ 新宿アクション (第2の土曜日開催 に変更しました)
   日時: 12月8日(土曜 (15時~16時の予定
   場所:JR新宿東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2018年4月30日月曜日

5.12新宿デモへのメッセージ

5.12新宿デモに向けて、皆さんから以下のメッセージをいただきました。

 **********************

あの3月11日から7年経った今でも、出口の見えない原発事故。
 その深刻さは当時も今も、全く変わらない、はずなのに、ボク達は忙しい目の前の日々に追われ、考えることを忘れてしまってはいないだろうか。
 今どんなことが問題で、どんな人たちが困っているのか。
 時に立ち止まり、みんなで集まって「あの日から今まで」を振り返ってみることは、とても大切なことだと思うのです。
(ちばてつや・漫画家)

国よ!原発事故を何度起こす予定だ?
         (杉山繫二郎・弁護士) 

命、健康、暮らしという理念が多くの方に伝わればと思います。
             チョ・ジウン 韓国)

「お母さんがどんなにがんばっても、社会は変わらないよ。もうチェルノブイリの子どもたちにかかわって26年たっても日本はまだ原発を動かすんだよ」と子どもに言われました。そうなんだよ~すぐには変わらないんです。でも、チェルノブイリ原発事故のとき、旧ソ連、ベラルーシ共和国の人たちは、あの怖い怖いKGBに歯向かって、殺されてもいいと思って、デモをしました。当時の旧ソ連の法律では、デモや集会など禁止だったのです。「このままではベラルーシ民族は滅んでしまうんだ。子どもたちを助けよう!」ってモスクワまで行って叫んだのです。どうしてそんなことができたんだ?と私は当時デモに参加した人に聞きました。彼は【ベラルーシ人としてのプライドだったんだよ。子どもを守るってことは!】そして、愛情と勇気によってチェルノブイリの保養運動は30ヶ国を超えるまでに広がりました。だから、私達日本人も、デモをして、放射能から子どもたちを守る法律をつくって行きましょうよ!多くの人々に日本人のプライドを思い出してほしいです。たとえ結果がすぐにでなくても、何度まけても。ここに子どもたちを救いたい国民がいて、今、ここで叫んでいる!それを伝える手段まで奪われないように。まだ日本ではデモが許可されていますよ!喫茶店でおしゃべりしたり、自分の考えを言うことが、私達の憲法を守り、人権を守り、子どもたちの命を守ることになると思います。たとえ今日、変わらなくても、明日、あるいは5年後、変わるためには、今日、デモしないと変わらないんだから。チェルノブイリ法日本版でで子どもたちを守っていきましょう!」
 (野呂美加・チェルノブイリへのかけはし)

みなさん、金正恩氏でさえ核兵器の放棄に向けて始動し始めているのに、世界最大級の原発事故を起こし、 いまだ収束さえ程遠い我が国がもう一つの核兵器、原発の再稼働に突き進んでいるってほんとにおかしいですよね。
日本だってきっと変わることができるはず、呆れ果てても諦めないで、声を上げていきましょう。
 (神田香織・講談師)

5月4日は避難の協同センターで支援していて力及ばず自死させてしまったNさんの1周忌にあたります。今日は天国にいるNさんと 心で語り合いながら新宿の街を歩きたいと思います。
「原発事故さえなければ家族がバラバラにならなかった。」「原発さえなければ」と残した言葉を無駄にしないように、「子どもを被ばくから守る為に」頑張っていたNさんと共に!
Nさんは2011年~2012年の頃に、疎開裁判文科相抗議や官邸前抗議にも参加していたと聞きます。私がSOSを受けてお会いしたのは2016年11月です。既に病に侵されていました。痛切に思うのは2012年~2016年の間、Nさんがが見えなくなったその間に,もっと気づけあえたりする関係をどうして築けなかったのか、、後悔するのです。
原発事故の被害者が自ら声をあげる事は大変です。あの時、声をあげていた方と最近会えていないな、、そんな事を気にしあいながらいきましょう。この国の権力は「ひたすら時間稼ぎし被害者を疲弊させ、あきらめさせる。被害者を分断に持ち込む」だからこそ私たちは強大な権力に対し「人を信じ、人の優しさを組織し立ち向かう」支えあい、もたれあい、気にかけあいながら共に歩くしかないのです。
 (瀬戸大作・避難の協同センター))

生田まんじさんが、デモで歌う歌を作詞作曲してくださいました。

雨に立つ人

あれからどれくらい 泣いていたでしょう
幾重もの壁に 閉ざされて
戻れない故郷 冷たい言葉
信じてたものが 崩れてゆく

どうにかここまで歩いてきた
雨に立つ仲間がいるところに
おずおず差し出した 手を取って
雨に立つ人は 囁いた

子供たちに光を 命に翼を
求めて わたしは ここに立つ
一人では弱い だから肩を寄せて
声と声を合わせ 雨に立つ


もう何度ダメだと 思ったでしょう
あの子の寝顔に 詫びながら
忘れられる痛み 心無い嘘
凍て付く心が 壊れてゆく

どうにかここまで 歩いてきた
雨に立つ仲間がいるところに
おずおず差し出した 手を取って
雨に立つ人は 囁いた

子供たちに光を 命に翼を
求めて わたしは ここに立つ
一人では弱い だから肩を寄せて
声と声を合わせ 歩き出す

繋がれ 祈り 羽ばたけ 命
   今は 土砂降りの 雨に 打たれても

子供たちに光を 命に翼を
求めて あなたも ここに立つ
一人では弱い だから肩を寄せて
声と声を合わせ 歩き始めよう 


 (詞・曲 生田まんじ)


チェルノブイリでできたことがなぜフクシマではできないのか?
 それは、国際原子力ロビーがチェルノブイリでの失敗(すなわち「被ばくによる健康被害はない」という宣伝をしたのに、チェルノブイリ原発事故被災者たちを納得させることができず、チェルノブイリ法の制定を許したこと。それは彼らにとっては失敗だった。)を教訓にして、フクシマでは、(彼らにとって)最善の方法をとったからです。すなわち、なるべく避難させない、安全宣伝を徹底する、国際的な権威(がありそうな団体名)を使う、最も大切な初期被ばくのデータをとらない、その後の健康被害も可能な限り調べない、健康被害の兆候が出てきても、屁理屈をつけて原因が被ばくであることを否定する、被災者を分断してお互いに反目させる等々。
 これに対し、住民の側はあまりに無防備でした。何の準備もありませんでした。何の準備もしていなかった人々に対し、被ばくによる健康被害から目をそらさせることは簡単です。ウソも100度言えば、本当のように聞こえます。福島原発事故では健康被害は出ないと、繰り返し主張し、そう信じたい人たちに寄り添って、「復興、復興」と掛け声をかけ、被ばくのリスクを主張する人たちには「風評被害をあおる」と攻撃すればよい。
 しかし、私たちや私たちに続く将来の世代の生活や健康を彼らに差し出すことはできません。多くの市民は、粘り強く反被ばくの運動を続けてきました。そして、今回10回目となるこの新宿デモにはこれまで多くの人が、多くの気持ちが集まってきました。
 今の政府の被ばく政策を軌道修正させることができなければ、現在原発事故被害に苦しむ人たちの命と心身の健康を奪うだけでなく、この被ばく政策が今後、世界で予想されている原発事故の際の被ばく対策のモデルとされてしまいます。県民健康調査のデータすら隠され、毀損されようとしている現在、甘い見通しを持つことはできませんが、今の日本に住む私たちは、世界の人々に対する責任、子どもや将来の世代に対する責任を自覚して、歩み続けましょう。 
(井戸謙一・弁護士) 


2011年の福島原発事故から7年を過ぎました。この未曽有の苛酷事故により福島を中心に多くの国民が甚大な被害を受けたにもかかわらず、日本政府と福島県は被曝被害について十分な対策、補償を行わないばかりか、20ミリシーベルト基準を作り危険な地域からの避難を封じ帰還を促す、また子どもの甲状腺がんについても原発事故の影響を認めようとせず、被害を矮小化し、被害者を蹂躙する政策を続けています。これは絶対に許されず、良識ある解決がされるまで忘れてはならない日本全体の問題です。
                                           (愛知県一宮市 泉舘朋子)

3.11から私たちが何を学んだのか?
 大きな問題の前に立ちすくむのではなく、解決に向けて一歩ずつでも歩を進めることだ。                                          (星の谷ファーム 天明伸浩              
現政権のあまりのひどさは言葉をうしなうほどです。
かつてこれほどまでに、政治の私物化、税金の私物化、嘘、ねつ造、隠ぺい、改ざんのオンパレードの政権があったでしょうか。
偽造、ねつ造、安倍しんぞう、まさにそのとおりですね。 国民の福祉や子どもの未来の幸福など、彼の関心の外です。 「原発輸出で外貨獲得」など、福島原発事故を起こした国の総理が言う事か?はずかしくないのか?と思います。 事故に備え、政府が融資の全額を債務保証するとは!
そんななか、みなさまの地道な取り組みや行動力にいつも勇気をいただいています。 あきらめたり、忘れていくことを、政権は待っているので、 そうはさせない!という覚悟で、行動していきましょう!
                       (NPO法人 福島の子どもたちを守る会 山口たか)

事実を隠蔽&風化させない為に、声を上げていきましょう!
                        (福島市の脱被ばく子ども裁判の原告 渡邉伸一郎)

「3・11を忘れない」活動に賛同します。                         (中村信也)

「立ち上がる時だ、大切な時は今、子供たちの未来のためにーーー」、(60年安保デモで新劇人会議の人たちが歌った歌詞より) 
(元「群像」編集長 渡辺勝夫)

原発労働者を犠牲にして進められる廃炉作業も原発再稼働も反対です。子供を被ばくさせるな。お父さん・お母さんを被ばくさせるな。
(なすび・被ばく労働を考えるネットワーク)

被ばくさせられないために法律をつくるというのは、画期的だと思います。
(市川はるみ・フリージャーナリスト)

私は福島原発事故が起こったとき、これは特別な事件だと思いました。これまでは人間がなにを争おうと破壊しようと、国土は残りそこから次の人間たちが次の歴史を作り始めることができました。しかし福島ではそれができません。国の一部が永遠に切り取られ奪われ、償うことのできない罪を後世に残したのです。しかもその事件は終わるどころか始まったばかりです。壊れた原発はこれからも深刻な汚染源であり続けます。これをどうするか、被害者をどう救済するか、私たちはそれを考えなければなりません。
 獨協大学 本田浩邦

『無思想・無哲学・無見識の時代となり、目先の損得だけで動く社会となり、 日本社会の先行きは暗い。しかし、基本的人権の一つとしての生活権を確保するためにも、 日本版チェルノブイリ法を創ろう。またICRPの放射線健康被害に関するインチキな疑似科学的物語の催眠術から覚醒しましょう』
                (独)国立病院機構 北海道がんセンター 名誉院長 西尾正道) 

命と健康、その予防原則を基本にした放射線防護に対する原則が、日本でも世界でも国際基準として確立されていない現状で、日本政府は、曖昧なダブルスタンダードを国民に押し付け、原子力推進に奉仕する放射線防護の専門家集団(UNSCEAR, ICRP, WHOなど)=国際原子力ロビーに判断を委ねています。こうした状況を乗り越えるために、市民による市民のための生命の保護法『チェルノブイリ法日本版』法案を提唱するしかないでしょう。ひいては、それが国を動かして、一刻も早く制定されることを願ってやみません。
(コリン・コバヤシ フランス在住) 

放射能公害被災者に人権の光を!

チェルノブイリ32年、日本の原発事故7年。

チェルノブイリは5年後にチェルノブイリ法が制定され、人権が保護され、
健康のためあらゆる対策を打ってしても、32年経った未だに健康被害が続く。

しかし5年どころか7年も経った日本がこれまでしてきた事は真逆の所業。
よって32年のチェルノブイリと比較してこの先の日本がどうなるのか想像出来ますでしょうか?

先の来沖時にウラジミール先生が仰ってました
「チェルノブイリ32年経った今でも国費で人権保護されている。子どもはもちろん大人までも」

日本人はどれだけ人権を蹂躙され棄民されているのか、いま気付くときです。
放射能問題抜きに未来なんて語れない。
被ばく問題にしっかりと向き合う。
食べて応援に乗っからない。
被ばくは福島たけではない。
東京の蛇口から放射能。

子どもたちを保養に出すことのいかに大切なことか。

今一度しっかりと向き合ってください。

「チェルノブイリ法日本版」が条例制定されれば、食べて応援に乗る愚かさに皆が気付くでしょう。
放射能汚染と被ばくは福島たけではない事に気付くでしょう。

そして何より「チェルノブイリ法日本版」獲得の暁には、
今度は堂々と子どもたちを保養に出すことが出来るのです!

団結して獲得しましょう!
つなごう命の会 柴田政典)

0 件のコメント:

コメントを投稿