【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年7月3日水曜日

【お知らせ】ノーム・チョムスキーのインタビュー映像「福島核災害と核時代の破滅的なリスクを語る」

あなたのアクションが間違った判決をただします->今すぐ、判決直後アクションに参加を!

 米国の人権活動家ノーム・チョムスキーが、5月29日、私たちのインタビューに応じ、子どもたちの命を救う避難プロジェクトの取組みに対し以下のメッセージ(->動画)を寄せてくれましたが、以下は、そのときのインタビュー映像に日本語の字幕をつけたものです。

新着! → インタビューの<日本語テキスト

‥‥他のいかなることよりも最優先されなくてはいけないことの第一は、 被ばくの深刻な脅威にさらされている数十万の子どもたちを救うことです。
この緊急の課題に対して解決策を見つけ、政府にそれをさせるためのプレッシャーを日本の市民の力でかけなくてはいけません。そして、その非常に重要な取組みに、私も支援できることを望んでいます。 



 ◎参考インタビュー
ノーム・チョムスキー イラク後の世界を語る

0 件のコメント:

コメントを投稿