【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 11月19日 15時~(約1時間) (開始時間を早めています
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 11月25日 16時00分~(約1時間)  (開始時間を変更しました)
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 上映会 映画「知事抹殺」  => ここから (予約頂けると有難い) 
   日時: 12月9日 (1回目):13時30分~ (2回目):15時30分~
   場所: 渋谷 光塾 アクセス => ここから


2014年5月19日月曜日

速報【抗議アクション】「自由な言論と討論の広場」に「美味しんぼ」問題に対する皆さんの率直な思い・考えを表明して下さい!!

「美味しんぼ」問題抗議アクション-->こちらから

1、「美味しんぼ」問題とふくしま集団疎開裁判の切っても切れない関係
 
 一部の方から、今回の「美味しんぼ」問題とふくしま集団疎開裁判がどんな関係があるのか分からない、無関係ではないかという声があがっています。
 結論だけ言うと、「美味しんぼ」問題は、いわばふくしま集団疎開裁判のミット(グローブ)の真ん中に直球で投げ込まれた超特大ボールです。この裁判が抱える中心的問題をこれほどストレートにぶつけてきた事件は今までなかったからです。
 その詳細は->こちらの「まえがき」

2、 皆さんの率直な思い・考えを表明のお願い

 今回の「美味しんぼ」問題は「福島の真実」に関する作者の「表現の自由」の抑圧にとどまらず、「福島の真実」を渇望する市民の「知る権利」を奪うという民主主義の根本を揺るがす由々しき問題です。
その一方、この言論抑圧により、苦しみの中で救済を求めている福島の多くの人々の「真実、そして真実と信ずる見解を表明する自由」が奪われ、何よりも第一に、社会の最も弱い立場にいる福島の子どもたちがもの言えぬまま「命と健康」という最も尊い人権が踏みにじられる結果になるという深刻な問題です。

私たちは、この事態を断じて認めることはできず、福島県に対する抗議文の送付をはじめとする抗議の声をあげました。
政府の過ちを最終的にただせるのは私たち市民の力です。

そのために、私たちが準備した「自由な言論と討論の広場」に、「美味しんぼ」言論抑圧問題に対する皆さまの声をお寄せ下さい。皆さまのひとりひとりの声が政府と自治体の過った姿勢をただす力になります。

そこでは、むろん「なにふざけたこと言ってんだよ!元双葉町長の爺の被爆量はいくらなんだよ?」といった罵詈雑言を期待するものではありません(とはいえ、これをただちに削除するような排除はしません)が、同時に、この問題を「閣僚の批判ぐらいで言論抑圧?」や「事実と異なる事を否定」しているだけといった民主主義国家における思想統制(マインドコントロール)のやり方について、もっともっと深く学ぶ必要があります。

政府の過ちをただすために、また私たちが、様々な マインドコントロールに惑わされず、真に自立した市民として自己統治できるようになるためにも、一人でも多くの皆さんに、この「自由な言論と討論の広場」に参加していただくことを切に願うものです。



 


0 件のコメント:

コメントを投稿