【アクション告知】

■ 
 霞ヶ関アクション (総がかり行動の毎月19日行動の終了後に官邸前抗議行動を開催します )
   日時:2月19日 13時頃から
      戦争させない・9条壊すな!総がかり行動集会・デモ2/19(日曜)参加に変更 (官邸前行動は中止
   場所:
日比谷野外大音楽堂

■ 日曜アクション (第2、4の日曜日開催) 
   日時: 2月26日 (16時~17時)
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場 (街頭宣伝)

■ 第8回 新宿デモ開催
   (子どもを被ばくから守ろう! 住宅保障の継続を!) => 詳しくはここから
   日時: 3月4日(土曜) 1時~ アピール 2時~ デモ行進
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場
保存

2014年9月2日火曜日

(9.2最新版) 【8.29提訴アクション:報告6】「民主主義社会における思想統制」に抵抗する独立系メディア

 Ourplanetの記事・動画を追加しました(9月2日) 。
  また、2011年6月の第一次疎開裁判の申立を報道したOurplanetの映像を最後に紹介しました。
当時、本当に大切な事実を伝えないマスコミのおかげで、いかに多くの人たちがこの申立を知らなかったか、実際にその申立がどのようなものか、第一次の原告のお母さんたちの証言もあり、必見です。

  *******************************

 福島の子どもたちを被ばくから遠ざけ(避難させ)、彼らの命を救うことは、日本政府がいま緊急に解決すべき、日本にとって最大の人道的課題です。

8月29日の「子ども脱被ばく裁判」の提訴は、この課題を真正面から日本政府に問うた、日本と世界の人々が知っておくべき最重要な裁判です。なぜなら、この裁判は、
・見えない戦火のなかの子どもたちを救い出す裁判
・世界で最も過酷な子育て中の福島の親子を救い出す裁判
・国と福島県の3.11以後の救護対策の誤りを裁く裁判
・経済復興・帰還最優先の政策を命の復興最優先の政策に転換させるための裁判
だからです。
このことを日本と世界の人々に伝える独立系のメディアの報道も紹介します(時系列順)。

1、 日仏共同テレビ局
   「子ども脱被ばく裁判」を福島地裁に提訴へ

2、 弁護士ドットコム
 「福島の子供は命の危機にさらされている」原発事故後の国の責任を問う「裁判」提訴へ

3、ママレボ
 子どもが被ばくを避ける権利と、国・県の不作為を問う「子ども脱被ばく裁判」がスタート

4、 IWJ

福島地裁の提訴に向けて、裁判所前での集会

提訴後の記者会見(15時~)
1、記者会見1(井戸謙一弁護団長の報告)
2、記者会見2(井戸謙一弁護団長の報告(続き)・弁護団の補足)
3、記者会見2-2(原告のスピーチ)1820秒~
4、記者会見3(ふくしま集団疎開裁判の会共同代表水戸喜世子さんさんのスピーチ)
5、記者会見4(ふくしま集団疎開裁判の会共同代表片岡輝美さんのスピーチ)
7、記者会見4(武藤類子さんのスピーチ)

9、記者会見6(質疑応答2)
  
5、UPLAN

 
20140829 UPLAN
【記者会見】こども脱被ばく裁判(第二次ふくしま集団疎開裁判)提訴



 


6、Ourplanet

「被ばくを強いられた」「避難したい」~親子86人が提訴



 2011年6月24日、第一次疎開裁判の申立時の映像(Ourplanet)

 学校の集団疎開求め仮処分申請〜郡山の子ら14名

0 件のコメント:

コメントを投稿