【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2015年1月27日火曜日

福島の子どもたちー外遊びができず、肥満傾向。全国は肥満減少

郡山の武本泰さんからの報告です。

1月24日の地元紙(福島民報24面)です。


毎年度6月までに、学校で行われている定期健康診断(学校保健安全法に基づい
ています)などから、文部科学省が『学校保健統計』を公表します。
その統計結果によれば、福島原発事故後から、県内の子どもたちの肥満度が顕在
化しています。
紙面でも報じられていますが、外遊びの不足、生活習慣の変化(これは警戒区域
から避難した子供たち?)などが原因とされています。
この、『外遊び』の不足ですが、これについてはきわめて深刻な問題と考えてい
ます。
つまり、子供たちが事由に外で遊べない、野山を走り回れない、このような生活
環境は子供たちにとって健全といえるのでしょうか。
そして、国や県は、まやかしの除染をしながら、外遊びは問題ないという。
2013年2月に
週刊金曜日に載った武本さんの投書をご覧下さい。





★★☆

0 件のコメント:

コメントを投稿