【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 11月19日 15時~(約1時間) (開始時間を早めています
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 11月25日 16時00分~(約1時間)  (開始時間を変更しました)
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 上映会 映画「知事抹殺」  => ここから (予約頂けると有難い) 
   日時: 12月9日 (1回目):13時30分~ (2回目):15時30分~
   場所: 渋谷 光塾 アクセス => ここから


2012年4月9日月曜日

【速報】4.23 矢ヶ崎克馬氏を迎えて緊急の裁判報告会「仙台高裁(二審)の行方は矢ヶ崎意見書(4)の評価で決まる」

あなたの評決が子どもたちを救います。まだの方は今すぐ-->こちらから


今月23日(月)18時45分から「スペースたんぽぽ」で、以下の通り、矢ヶ崎克馬氏を迎えて緊急の裁判報告会を開催します。

疎開裁判は、福島地裁郡山支部(一審)で「チェルノブイリ事故による健康被害との具体的対比」からふくしまの未来を予測し、警告しました(矢ヶ崎意見書〔抜粋〕松井意見書〔抜粋〕参照)。
しかし、私たちの予想を超えて、半年を経ずして、その予測・警告は現実のものとなりました。すでに心筋梗塞で3名の高校生が亡くなったと言われています。昨年10月の甲状腺検査の結果、南相馬市など4市町村の子供たちの約30%にしこりや嚢胞が見つかり、札幌に自主避難した郡山市の子供にも甲状腺のしこりが見つかりました。もはや「チェルノブイリからの警告」ではなく「ふくしま自身からの警告」が始まりました。
ふくしまで始まったこれらの新たな事態を警告したのが2月末に仙台高裁(二審)に提出した矢ヶ崎意見書(4)です。

4月23日の講演会では、作成者の矢ヶ崎克馬氏自身から矢ヶ崎意見書(4)が提起した重大な警告の意味について解説してもらいます。

そのあと、二審に係属中の疎開裁判は現在どうなっているのか、矢ヶ崎意見書(4)はなぜ疎開裁判にとってそれほど重要なのか、二審で逆転判決を引き出すために主権者である私たち市民には何ができるかについて、弁護団の柳原敏夫が解説します。

日時 2012年4月23日(月) 18時45分(開場18時30分)~21時
講師 矢ヶ崎克馬さん(琉球大学名誉教授)
演題「仙台高裁(二審)の行方の分かれ目となる矢ヶ崎意見書(4)について」
会場 スペースたんぽぽ →地図
東京都千代田区三崎町2-6-2 
ダイナミックビル 4階
Tel: 03-3238-9035
Fax: 03-3238-0797
Email: nonukes@tanpoposya.net
HP address: http://www.tanpoposya.net/
定員 先着50名
(事前予約はしていません。当日会場にお越しください)
ネット中継 USTREAM配信 スペースたんぽぽ

関連記事
矢ヶ崎意見書(4)の画期性について→
疎開裁判の今:「チェルノブイリは警告する」から「ふくしまは警告する」へ(2012.3.11)
・世界市民法廷の評決の234番目「矢ヶ崎克馬先生の意見書(4)を全国民に大至急普及すること
仙台高裁に、矢ヶ崎克馬氏を参考人として証言の機会を持つように申入れ (2012.3.28)
【講演会】低線量被ばくと向き合う チェルノブイリの経験に学ぶ
ベラルーシの経験に学ぶ ミハイル・V・マリコ博士の警鐘

0 件のコメント:

コメントを投稿