【アクション告知】
■ 【学習会】 被ばく被害、そして、その先にあるもの (参加費600円)
   講師:山田國廣さん(環境学者・京都精華大名誉教授)
   日時:6月24日(土曜日) (開場13:00) 13:30~16:30
   場所:光塾 ( アクセス => こちらから )
   共催:「脱被ばく実現ネット」、「ふくしまと全国の集い」


■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:7月○○日(○) 未定
   場所:首相
官邸前

   内容:抗議行動

■ 
新宿アクション (7月から第4の土曜日開催に変更します
   日時: 7月22日 16時~17時
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2012年5月28日月曜日

【裁判報告4】いまだデータも対策も公開しない郡山市内小学校のホットスポット情報を提出

あなたの評決が子どもたちを救います。まだの方は今すぐ-->こちらから

5月8日の記事でお伝えした通り、郡山市は教育委員会が、本年1月23日より、ひそかに市内の小中学校でホットスポットの測定を週1回のペースで実施していました。
今回、一市民の情報開示手続によりこの事実を突き止め、5月6日、緊急の記者会見を開いた結果、不十分ながらこの問題は新聞等で報道されました(但し、東京新聞特報部は、5月17日、この問題で特集を組みました)。

にもかかわらず、 郡山市は、その後も、郡山市内小中学校のホットスポット情報を公開しないばかりか、その対策も公表しません。
小中学校の敷地内のホットスポット問題という重大な問題は、依然、闇の中にしまわれたまま、まさしく数百年前と同じく、市民は「依らしむべし、知らしむべからず」のままです。

他方で、 郡山市は、本年3月23日、昨年5月から実施してきた屋外活動を3時間に制限するルールを4月から解除すると発表しました。その2日前に起案し、前日に決裁をした「屋外活動制限解除について(伺い)」(市民が入手した開示文書)1頁によれば、解除の第1の理由として、
除染等により学校が最も安全な場所のひとつになっていること
をあげています、郡山市内小中学校に深刻なホットスポット問題なぞ存在したこともなかったかのように何食わぬ顔をして。しかし、子供たちがこれを知ったら、「それは正真正銘のウソツキだ」と言うのではないでしょうか。

以上の問題とホットスポット情報を、今回、仙台高等裁判所に主張し、証拠を提出しました。

また、郡山市内小学校のホットスポット問題と屋外活動制限の撤廃問題の詳細については、
2012年5月8日火曜日
【速報】1年1ヶ月後に初めて明るみにされた郡山市内小学校のホットスポットの一端 
をご覧下さい。

(※)以上の詳細は、このホットスポット問題に関し郡山市が公開しない公文書を情報開示手続により入手した武本泰さんが作成し、証拠として提出した報告書――情報公開制度を通してみえてくる郡山の現状について――第3(4頁以下)を参照ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿