【アクション告知】

■ 
 霞ヶ関アクション (総がかり行動の毎月19日行動の終了後に官邸前抗議行動を開催します )
   日時:2月19日 13時頃から
      戦争させない・9条壊すな!総がかり行動集会・デモ2/19(日曜)参加に変更 (官邸前行動は中止
   場所:
日比谷野外大音楽堂

■ 日曜アクション (第2、4の日曜日開催) 
   日時: 2月26日 (16時~17時)
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場 (街頭宣伝)

■ 第8回 新宿デモ開催
   (子どもを被ばくから守ろう! 住宅保障の継続を!) => 詳しくはここから
   日時: 3月4日(土曜) 1時~ アピール 2時~ デモ行進
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場
保存

2015年5月23日土曜日

5.23新宿デモ チラシ

「子ども脱被ばく裁判」放射能汚染地の全ての子どもたちの命と健康を守ろう!
5.23新宿デモ

5月23日(土)13時〜 デモ前スピーチ
        14時頃 デモスタート

主催 ふくしま集団疎開裁判の会
後援 子ども脱被ばく裁判の会

6月23日の「子ども脱被ばく裁判」第1回口頭弁論に向け、新宿デモを行います!

今、健康被害の深刻さが増している中で、国をあげての「福島へ帰って来い」の大合唱が行われています。
先日、福島駅に行きましたが、降り立った新幹線駅ホームでは駅長以下駅員総動員で
「ようこそ 福島へ!」の横断幕の大歓迎で、駅の中、駅前も
民謡の出迎え、大々的な観光キャンペーンでびっくりする程でした。
通りを歩くと原発事故などなかったような雰囲気。
しかし、子ども脱被ばく裁判の原告からは
「西日本の食べ物がスーパーに並ぶようになりました。
 西の物がないところには皆、行きません。声なき声があるんです。」
というお話を聞きました。

「反原発、戦争反対、9条守ろう」という人でも
「反被ばく」「放射能からの避難」を言わない、
「福島へ帰って来い」に協力するという人が少なくない今、
福島の真実を伝え、福島の子どもたちを一刻も早く放射能被ばくの危険から
守るために、ぜひ、お友達をお誘いの上、5.23デモにお集りください!

下記のチラシを印刷してお使いください。
また、ご連絡いただければ、送付させていただきます。
fukusima.sokaigmail.com*を@に置き換えて下さい


 PDFファイルはこちら






0 件のコメント:

コメントを投稿