【アクション告知】

■ 
 霞ヶ関アクション (総がかり行動の毎月19日行動の終了後に官邸前抗議行動を開催します )
   日時:2月19日 13時頃から
      戦争させない・9条壊すな!総がかり行動集会・デモ2/19(日曜)参加に変更 (官邸前行動は中止
   場所:
日比谷野外大音楽堂

■ 日曜アクション (第2、4の日曜日開催) 
   日時: 2月26日 (16時~17時)
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場 (街頭宣伝)

■ 第8回 新宿デモ開催
   (子どもを被ばくから守ろう! 住宅保障の継続を!) => 詳しくはここから
   日時: 3月4日(土曜) 1時~ アピール 2時~ デモ行進
   場所: JR新宿東口 アルタ前広場
保存

2016年10月20日木曜日

世界社会フォーラムから生まれた国際連帯(その2):10.22パリ・アクション

8月8~14日にカナダ・モントリオールで開催された世界社会フォーラムでの出会いから始まった、国際連帯のアクション第2弾として、10月22日の私たちの新宿デモと同日、フランスの首都パリで連帯のデモと日本大使館前でのアピールが行われます。

このアクションを行うのは、人々の居住の権利を擁護するフランスの市民団体DALです。
先ごろ、DALから、連帯のデモのチラシを作ったとのことで、送ってもらいました。



 以下は、 私たちから、今回の連帯のデモに主催するDALに送ったメッセージです。

                ***************


Le message de Fukushima

Il y a déjà 5 ans que les centrales nucléaires de Fukushima ont été accidentés. Depuis lors, la souffrance des habitants persiste, les solutions restent lointaines. Notre souffrance n’est pas uniquement à cause de la contamination radioactive de la région. C’est plutôt à cause du crime commis par l’Etat.
Premièrement, le gouvernement ne voulait pas payer même un centime pour les enfants qui ont voulu quitter la région contaminée. Pourtant le gouvernement n’a pas hésité à donner 6 millions dollars à FMI au moment de la crise économique européenne en 2012.
Deuxièmement, le gouvernement abandonne les habitants de Fukushima qui ne sont pas responsables de l’accident. Pourtant, le gouvernement se consacre à la défense des îles Senkaku et Takeshima où se trouve aucun habitant.
Troisièmement, le gouvernement promeut la politique du retour à la région et supprime la suppression de l’aide au logement des habitants qui se sont réfugiés hors Fukushima.
Quatrièmement, A la suite de la politique du retour à Fukushima, le 15 octobre, la décontamination de la route nationale qui passe à côté de centrales nucléaires accidentées a été organisé par les bénévoles des lycées locales. Même avant l’accident, cette zone de la route a été interdite au public à cause du danger nucléaire. Cet événement qui peut entrainer un effet négatif à la santé a été réalisé en réponse à la politique du retour du gouvernement’ qui répète irrésponsablement la déclaration de sécurité à Fukushima.

Tous ces actes de l’Etat japonais correspondent au crime contre l’humanité. Nous réclamons que le gouvernement japonais soit jugé à la Cour pénale internationale.

Le problème de l’accident nucléaire dépasse les frontières du Japon. Tous les pays du monde seraient touchés par un accident nucléaire qui se produit dans un autre pays qui est loin de chez eux.
C’est pour cette raison que la souffrance des habitants de Fukushima peut être partagée par les habitants du monde entier. La lutte des habitants de Fukushima pour la vie et la santé est pertinente au niveau international.

Nous vous appelons la lutte ensemble pour notre vie et la santé.



(訳文)

福島からのメッセージ

5年前の2011年、私たちは福島原発事故を経験し、それ以来、ずっと苦しんできました。しかし、私たちを最も苦しめたのは放射能ではなく、政府の対応でした。それは政府の犯罪です。なぜなら、日本政府は、
1.2012年の欧州債務危機には、真っ先にIMFに600億ドルの拠出を表明するほどお金があるのに、放射能汚染の中に住む子どもたちの危機に対しては、子どもたちの避難のために一円も出そうとしなかったからです。
2、誰ひとり住まない無人島(竹島・尖閣諸島)の問題には熱心に取り組むのに、原発事故に何の責任もない被害者である子ども達がたくさん住む福島については子どもたちを救おうともしなかったからです。
3、「人命尊重」抜きにした経済復興という名のもとに、自主避難者に対し住宅支援の打ち切りなど様々な帰還政策をしているからです。
4、復興支援の1つとして、10月15日に、福島原発の横を南北に走る国道の清掃を地元中高校生をボランィアとして実施しましたが、清掃地域は原発事故前なら一般人の立ち入り禁止区域です。こ危険なイベントの根本的な責任者は「福島は安全である」として帰還政策を進める日本政府にあるからです。


以上の日本政府の行動は国際法上の犯罪「人道上の罪」に該当するものであり、国際刑事裁判所で「人道上の罪」として処罰されるべきものです。

しかし、これは決して日本だけの問題ではありません。原発事故は国境を超えた地球規模の人災だからです。世界には400以上の原発があり、世界でいつ事故があってもおかしくないからです。
だから、今、原発事故で苦しんでいる福島の今日の姿は世界の明日の姿です。
だから、今、福島の人々と子どもたちの命と健康と生活を守る闘いは、明日起きるかもしれない原発事故から世界の人々と子どもたちの命と健康と生活を守るための闘いです。
これから、共に連帯して、私たちと子どもたちの命と健康と生活を守る闘いを前進させましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿