【アクション告知】

【出店】 9月18日(月)11時30分 
   さようなら原発全国集会 9.18in代々木公園
   出店しますので、チラシ配布など御協力をお願いします。  (場所:代々木公園 けやき並木 ブース14番)

■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:9月19日(火) 
 (中止)
   理由:前日の「ともに生きる未来を!さよなら原発 さよなら戦争 全国集会」で出店のため。

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 9月23日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


■ 講演会開催 (たんぽぽ舎と共催) → 詳細はこちら
  9月25日(月)19時~
  脅かされている子どもたちの生命・健康・未来
  チェルノブイリから学ぶべきこと  
  講師:白石草 さん     会場:スペースたんぽぽ


 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2016年11月29日火曜日

福島県広野町 町会議員・阿部さんの訴えー福島県民には情報が伝えられない

新宿アルタ前広場 街頭宣伝 1127
福島県広野町からいわき市に原発事故避難しておられる
広野町町会議員の阿部憲一さんとの電話中継を中心に街宣しました。
参加の皆様、動画配信してくださった皆様、ありがとうございます。

ツイキャス chikapin様
http://twitcasting.tv/chikapin1/movie/326039921

ボランティアの大庭さんの記事(動画も)です。


アクション開会と電話中継の予告
https://www.youtube.com/watch?v=9VP4_i2bcgQ

(福島県)広野町町会議員の阿部憲一さんとの電話中継
https://www.youtube.com/watch?v=vtWuV0rxbt0


福島から避難された方々には1点の落ち度もありません
https://www.youtube.com/watch?v=2EZ3fBjKn98


福島高校の学生がマスクもせずに原発事故現場を見に行った
https://www.youtube.com/watch?v=pn_ZwOmbGvA

街頭宣伝予告(12/11)と子ども脱被ばく裁判(12/12)傍聴のお誘い
https://www.youtube.com/watch?v=5MqS8lYvo0s


 新宿アルタの大画面ディスプレイで競馬中継(ジャパンカップ:GⅠ?)が行なわれ、多数の観客が見入っていた。その間に街頭宣伝の準備を開始したが、レースの終了までは雨も気にならない程度であった。しかし、街頭宣伝が始まる頃から雨が本格化し、珍しく雨の中でのアクションとなった。

 今回の目玉は「広野町町会議員の阿部憲一さんとの電話中継」であったが、その他にNHKが放送した映像を紹介した。その中では除染基準を超える0.254マイクロ シーベルトの放射能汚染がある近くの山(信夫山)への幼稚園生の遠足を再開して欲しいと高校生に言わせており、更に、その高校生がマスクもせずに原発事故現場を見学に行った映像を見て頂いた。

広野町町会議員の阿部憲一さんとの電話中継は福島県の現状がよく理解できる内容であった。そのエッセンスを簡単に紹介する。
 阿部憲一さんは広野町に住んでおられたが、広野町は事故を起こした原発から20~30Kmにあり、事故後は緊急避難指示で点々と仮住まいをしながら、現在はいわき市で暮らしておられる。
福島県には2つの地方紙があるが、両新聞ともに放射能汚染と被ばくに関する情報はほぼ報道しない状況になっており、唯一報道するのは3ヶ月に1度発表される福島県、県民健康調査の甲状腺ガンに関してだけである。汚染水についても報道はせず、危険だと言う情報は県民に伝えない。それに輪をかけて報道しないのはNHK福島で、甲状腺ガンに関しても報道しない状況にある。
 こうした状況で個人的に勉強している人は本当に少なく、県民は情報が無く、周りで普通に暮らしている人がいるし、町にはわざわざ新たな高校を新設したりしているので、安全・安心と思ってしまっている。
これまで、学校給食では県外の物や北海道の米や山形の物を食べさせているが、地元の物を食べさせて郷土愛を育てようなどと地元産に変更しようとしている。その米もセシウムだけを計って安全だとしているが、セシウム汚染が1あればストロンチウム汚染は0.1位はあるはずである。ストロンチウムが体内に入ると2ケタ危険と言われているにもかかわらずそれを全く無視している。
 国道6号線の住民による清掃作業(みんなでやっぺ!きれいな6国)が10月15日に行なわれたが、国道の放射線量は路肩線量が非常に高く、車の通行でそれが舞い上が。これを吸引被ばくするのが怖いのに、こうした事には無頓着で空間線量が低いからいいだろうとして、高校生などの若者を参加させている。
広野町町長もこうした所で挨拶をして、一緒に歩いたりしている。町長は元東電の子会社の社員であり、子ども達をダシにして、安全・安心を広げようとしている。
 いわき市にある仮設住宅は来年3月に終了することになっており、広野町にある自宅に戻らざるを得ない状況になる。町議会議員は10名いるが阿部さん以外の議員はすでに広野町に戻っている。阿部さんは「広野町はまだ危険だ」と言うとともに、津波で家を失い戻るところがないこともあり広野町には戻らず、いわき市にとどまる方々の代表として活動している。
広野町には50個のモニタリングポストがあるが、この値がしばしば突然上昇する。こうした現象は福島県でしか起こっていないことであるが、これに対して原子力規制庁はいたる所にセシウムが固まっている所があり、それが風によって舞い上がることが原因だろうと言う。こうした状況ですから何処で物凄い被ばくをするか分からない。こうした認識が住民にはなく、「風評被害」が王様のように一人歩きし、これには誰も抵抗できない状況になっている。
 などをお話し下さった。

次回の街宣は新宿アルタ前にて12月11日(日)午後4時から5時
12月12日(月)は福島地裁にて子ども脱被ばく裁判第8回口頭弁論
12月16日(金)は官邸前抗議行動 5時から6時の予定です。

ぜひ、ご参加ください。



0 件のコメント:

コメントを投稿