【アクション告知】

■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:8月19日(水) 
 18時30分~19時30分
   場所:首相
官邸前

   内容:抗議行動

■ 
新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 8月26日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2017年5月1日月曜日

4.29 西中記者と避難者の講演会 今村復興相辞任の経過 原発事故により様々な困難を負わされた避難者の現状「明日から泊まる場所がない」

4月29日土曜日2時からスペースたんぽぽにて
脱被ばく実現ネットとたんぽぽ舎との共催で
反原発自治体議員・市民連盟共同代表・武笠紀子、福士敬子ほかの皆さんの賛同を得て開催した
「今村(前)復興相と対決したジャーナリスト西中誠一郎さんと
 避難者の緊急講演会」
 -安倍政権の原発被害者切り捨てを止めさせ、
 住宅補償打ち切りを撤回させるために-
は80名を超える参加者でスペースたんぽぽが満員となりました。




 今村前復興相辞任の大きなきっかけとなった西中氏への関心と、このことを通じて被ばく問題や原発事故被害者・避難者への関心も広がったと思います。
 西中氏は「なぜあれほど今村さんが激昂したのかわからない(笑)」と言われましたが

この間の今村前復興相の発言についてふれ、「ふるさとを捨てることは簡単だが、戻って、頑張っていくという気持ちをしっかり持ってもらいたい」などと全く避難者の現状を知ろうともせず、帰還ばかりを迫る発言を重ねていた末のことであったこと。
 3月31日に住宅無償提供が打ち切られた直後の4日の記者会見でどの記者も発言しないまま終わりそうになったのであわてて発言したところあのような成り行きになった。
 とにかく、皆さんには良い報道をしているところには「良かった」とか
「こういう報道をしてほしい」と要望したりとかしてほしいとお話されました。

このあと、いわき市から都内に避難しておられる方から避難者の置かれている状況についてせつせつと訴えるメッセージがあり、参加者の皆さんの多くの胸を揺さぶりました。

「避難の協同センター」事務局の瀬戸さんからは避難者の詳しい実態(
身体を壊し就職活動をしても無職の状態が続いている。住宅から退去をせまられ出たが、移転先もなく明日から泊まる場所がない。などの相談を受けている)から
避難者が経済的にも精神的にも本当に根こそぎ国や福島県の帰還政策により壊されようとしていることが語られました。
 また、川越市から「所得制限なしに2万円の家賃補助」を勝ち取った運動をされた避難者がお話されました。
 いわき市から川越市に避難しておられるお母さんで、お子さんを連れて参加されました。
パワーポイントを使ってご自分がどうやって避難したか、問題点は何かなど
詳しく説明され、とてもわかりやすく、会場から感嘆の声が聞かれるほどでした。


ご自分が避難するにいたった理由、
広島の原爆資料館へ行ったことがあり被ばくについての知識が少しあったこと
いわき市は3月15日に23.72μシーベルト/毎時だったことなどから避難した。
本当に福島で沢山の人に愛されて育ったので福島を出るのが本当に
辛かったけれど、娘さんの将来のために避難しなければと思ったこと。

自主避難者の現状として
◯自主避難者は東電からの賠償がない
◯借り上げ住宅が唯一の支援である※注
◯夫は福島で仕事をして母子で避難する方が多く二重生活である
◯震災離婚といわれる離婚が多い
 (被ばくに対する考えの違いや離れて暮らすことなどの原因により)
◯貯蓄を切り崩して生活せざるをえない(自宅の住宅ローンもある)
◯訛りがあるため避難先の人たちとお話がしにくい
◯子どもを見てくれる人がいない(福島では祖父母が見てくれた)
など、原発事故さえなければしなくてもよい多くの困難を抱えていることが
話されました。

 彼女のお話は大変深刻な現状の中でも、行き先に希望の見える笑いの溢れるものでした。
この方は顔出しがNGなので、動画撮影等ができませんでしたので、残念ですが
これも避難者のおかれている現状なのだと思います。



 これからも住宅無償提供打ち切り撤回を勝ち取るために様々な知恵を出し合って
各自治体に避難者の状況把握をするよう呼びかけて欲しいなどの提案が瀬戸さんから
出されました。


 また、避難生活を守る会の鴨下さんから「原発事故には国と東電に責任があり、住宅無償提供を受けることは避難者の当然の権利である。」「住宅から出て行く必要は全くない。避難者の住宅使用延長申請を都に出している」とのお話や東京都の区の保健所に勤めているという参加者から、「三公社五現業と言われた人たち、役場の人たちが帰還により最初に被ばくしている、そういう人たちも被ばくしてはいけない。労働組合の人たちとやっていけるんじゃないか」などの意見が出されました。

 尚、たんぽぽ舎の共同代表の柳田さんから
たんぽぽ舎の目標は福島に寄り添うことと反原発である、5月下旬にまた避難者関係の催しをしたいとお話がありました。


詳しい内容が決定しましたら、またブログ等にてお知らせいたします。

尚、講演会後、会場でのカンパなどの3万円を「避難の協同センター」にお渡ししました。

※注 借り上げ住宅は2012年の12月で募集打ち切りされ、それ以後の避難者には
   住宅補償すらありません。このことも大変な問題だと思います。(山田)

以下に動画がありますが、最初に話された避難者の方で録音OKの方の録音に失敗したとのことで申し訳ありませんがご了承ください。


たんぽぽ舎は福島に寄り添ううことと、再稼動の阻止を重点目標としている





今村復興大臣辞任までの経緯 (西中誠一郎さん)






住宅を確保しつつ、安心して生活を出来る場を造っていきたい




原発事故避難者の住宅確保ための混乱した現実




避難者の住宅使用延長申請を都に1年前から出している




福島の子ども達に白内障が増えています






福島に戻ることで、職員も労働者も被ばくをしてはいけない




告知(子ども脱被ばく裁判、5.6避難者交流会&「自主避難者は自己責任」への抗議大集会など)



当日資料の一部です。(リンクが間違っており、5月1日8:20に訂正しました。)
福島の財政・福島県には国庫から多額の震災・原子力災害対応分の金が投入(PDF)



(山田記)

0 件のコメント:

コメントを投稿