【アクション告知】
■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 8月26日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:9月19日(土) 
 (中止)
   理由:前日の「ともに生きる未来を!さよなら原発 さよなら戦争 全国集会」で出店を予定しているため。

 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2012年1月4日水曜日

クリス・バズビー博士によるCBFCF(福島の子どもたちのためのクリストファー・バズビー・ファンデーション)およびジェームス・ライアン氏との関係絶縁声明について

2012年1月12日
ふくしま集団疎開裁判の会

 クリス・バズビー博士は、2011年12月12日以降、ジェームス・ライアン氏およびCBFCFとは一切関係がない、と言明しました。

 ふくしま集団疎開裁判の会は2011年7月、バズビー博士を招請し、東京、松戸、会津若松において東京電力福島第一原発事故と内部被ばくについての講演会を開催しました。その後9月ごろ、ジェームス・ライアン氏によるCBFCFなるサイト(http://www.cbfcf.org/)が開設されました。CBFCFは、現在閉鎖状態のバズビー研究所なるサイトとともに、高額の放射能検査とサプリメントの販売を行っていました。これについて私たちは、このCBFCFは実在するものではない、との【ご注意】を会のブログに掲載しました。

 私たちはまた、クリス・バズビー博士に対して、CBFCFの日本語サイトの内容を連絡するとともに、いかなる関係であるかを明確にするように要請してきました。

 クリス・バズビー博士は2012年1月9日、ジェームス・ライアン氏とCBFCFには一切関知せず、また、お金の授受もないと言明しました。また、2011年12月12日に正式に関係を絶ったことも確認しました。

Jan 9th 2012
To whom it may concern

The Christopher Busby Foundation for the Children of Fukushima CBFCF.
Mr James Ryan


This is to confirm that I wrote to Mr James Ryan, the CEO and organizer of the CBFCF on 12th December and formally broke any links I had with his CBFCF organization in so far as it exists. This is because the organisation never developed as was originally promised and never carried out the work that had been agreed in a way that had been agreed between me and Mr Ryan. I confirm that I have never agreed to any of the information and details posted on the website of the CBFCF and have never received any money from the CBFCF. My advice has only to be that people exposed to radionuclides from Fukushima in the radioactive areas of north Japan should take Calcium and Magnesium supplements, nothing else which has been marketed by Mr Ryan, and this advice I continue to give.
Chris Busby

(訳)
2012年1月9日
関係者各位

福島の子どもたちのためのクリストファー・バズビー・ファンデーション(CBFCF)および、ジェームス・ライアン氏について


 これは、12月12日CBFCFの代表責任者であり創始者のジェームス・ライアン氏に私が手紙を書き、現在存在する限りの、私が持っている彼のCBFCFとの関係をすべて正式に断ったことを確認するものです。これは、この組織が当初の約束通りに設立されることなく、また私とライアン氏とで同意したかたちで仕事を行ったことがまったくなかったからです。私は確認しますが、私がCBFCFのウェブサイトに書いてあるいかなる情報も詳細も認知したことはまったくなく、CBFCFからお金をもらったことはまったくありません。私のアドバイスは、福島からの放射線核種によって被曝している北日本の放射線汚染地域の人々にカルシウムとマグネシウムのサプリを飲むとよいでしょう、というものに過ぎず、ライアン氏によって販売されているものとはまったく関係ありません。このアドバイスを私は続けていくつもりです。

クリス・バズビー

1 件のコメント:

  1. カルシウムとマグネシウムはバランス良く摂ることが重要です。(成人の目安は1日にCaが600mg、Mgが300mg)

    (参考)第6次改定日本人の栄養所要量について
    http://www1.mhlw.go.jp/shingi/s9906/s0628-1_11.html

    返信削除