【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2012年11月9日金曜日

【お知らせ】子どもたちを核戦争から守れ! 11.9ふくしま集団疎開裁判文科省前抗議行動→IWJ・CH6

  【速報】 本日のIWJのネット中継は チャンネルはCh6です。
  【注意】 本日の抗議行動は文科省前だけです。

7月27日(金)からスタートした文科省前~官邸前抗議行動(そのアピール文)、これまで、毎週金曜日、実施してきました(過去の行動の動画は末尾に掲載)。
今週金曜日(11.9)も、文科省前で、次の通り実施します(今回は官邸前と財務省上ではやりません)。

【重要なお知らせ】
ジュネーブ国連の続報とQ&A
・弁護団 柳原敏夫
 11月2日、国連人権理事会作業部会が「福島住民の健康の権利守れ」 と勧告
 この画期的な出来事の意味と今後の展開について

 
11.26仙台高裁裁判(審尋)のお知らせ
・弁護団 光前幸一

日程・場所
 11月9日(金)午後5時~7時 文科省前 地図(青文字で表示)


ネット中継:17時~ USTREAM配信  IWJ・CH6 (※IWJの中継チャンネルは、毎週木曜日の夜、ここで分かります)

抗議内容
  ・かんしょ踊り:かつて文明化推進の明治中央政府から「野暮で後進的」という理由で撲滅・禁止され、生き延びたたと言われる福島県会津の踊りを、今、原発推進の平成中央政府から抑圧・迫害されている福島県の子どもたちの集団避難を求める市民が「抵抗の踊り」として踊ります。

 ・紙芝居(寸劇) :マスコミが伝えない福島の現実を、1枚の紙と語りで伝える。

国内遠方・海外からの参加
  国内遠方の皆さん、海外の皆さんからも、この抗議行動に参加ください。このブログの以下のコメント欄で、またはメール(→sokai*song- deborah.com【*を@に差し替えて送信ください】)で抗議の声を表明して下さい(ブログで紹介させていただきます)。

主催 ふくしま集団疎開裁判の会
 連絡先
ふくしま集団疎開裁判の会代表/井上利男  
電話 024-954-7478
メール sokai*song-deborah.com
    (メールは*を@に差し替えて送信ください) 

0 件のコメント:

コメントを投稿