【アクション告知】
■ 【学習会】 被ばく被害、そして、その先にあるもの (参加費600円)
   講師:山田國廣さん(環境学者・京都精華大名誉教授)
   日時:6月24日(土曜日) (開場13:00) 13:30~16:30
   場所:光塾 ( アクセス => こちらから )
   共催:「脱被ばく実現ネット」、「ふくしまと全国の集い」


■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:7月○○日(○) 未定
   場所:首相
官邸前

   内容:抗議行動

■ 
新宿アクション (7月から第4の土曜日開催に変更します
   日時: 7月22日 16時~17時
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2011年11月14日月曜日

判決前夜アクション:11月23日(水)、「子どもたちを内部被ばくから守るために」松井英介さん講演会とリレートーク&野外ライブ

当日のネット中継をまとめました→こちらから

ふくしま集団疎開裁判の判断を目前に控え、11月23日(水)、放射線医学の専門医で、ふくしま集団疎開裁判でチェルノブイリ事故による健康被害との対比を克明に解説した意見書を作成された松井英介さんから、疎開裁判について講演していただくことに決定(第一部)。続いて、第二部として、リレートーク&野外ライブを実施。

琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬氏の推薦文
松井先生は内部被曝の危険を具体的に把握されている日本の誇るべき医師です。
松井先生は「見えない恐怖」という本を発行されていますが、この本の中には、松井先生ならではの放射能の被曝を防ぐ具体的な考察にあふれています。
郡山の学童をはじめとする幼児・市民の被曝防止についても、汚染状況に基づく具体的な考察から、命を守るためにどのような対応をすべきであるか、非常に明解な提案をされています。
ふくしま集団疎開の裁判も、松井先生のご提案なしには勝訴を獲得することは望めないほど松井先生のご考察は優れて貴重です。どうか裁判にかかわらない市民の皆さんも松井先生の優れたご賢察を放射線防護に活かしていただきたいものです。(2011.11.17)

日 時 2011年11月23日(水)午前10時開会
第一部 講演会(午前10時~12時)(開場9時30分)
講師:岐阜環境医学研究所 所長 松井英介氏
演題:「子どもたちを内部被ばくから守るために
会場:郡山市男女共同参画センター(さんかくプラザ)2階 集会室
(郡山市麓山二丁目9番1号  TEL 024-924-0900)→地図
定員:先着100名(事前予約はしていません。当日会場にお越しください)
参加費:無料
質問:質問用紙とメールで受付。皆さんからの質問にできる限り答えたいので、質問のある方は次のいずれかでお願いします。
 (1)、事前に紙に記入して会場でスタッフに渡す。
 (2)、受付でお渡しする質問用紙に記入してスタッフに渡す。
 (3)、このアドレス(office.sokai@gmail.com)までメールで送る。
ネット中継:USTREAM配信 IWJ_FUKUSHIMA1
※開場のさんかくプラザは今回の講演会とは関係がありませんので、問い合わせは下記の連絡先までお願いします。

第二部 リレートーク&野外ライブ(午後2時30分~6時)
会場: JR郡山駅西口広場(JR郡山駅中央口前)
発言者:疎開受入先の関係者(竹野内真理さん〔沖縄・低線量被曝者の会〕・早尾貴紀さん〔山梨・ブログ原発震災関連〕・庄司宜充さん(兵庫・兵庫教区長田活動センター)
    講談師の神田香織さん(東京からスカイプ中継)
    その他地元市民の皆さん
演奏家:リピート山中さん(神戸) 歌織さん(佐渡) 梅北陽子さん(横浜) 稲葉隆一さん(郡山)その他
ネット中継:USTREAM配信 IWJ_FUKUSHIMA1
主催: 「ふくしま集団疎開裁判」判決前夜アクション実行委員会
連絡先:ふくしま集団疎開裁判の会
    代表/井上利男  電話 024-954-7478
    子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク 国・県への対応部会
    世話人/駒崎ゆき子 携帯 090-2608-7894
    メール office.sokai@gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿