【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2012年2月26日日曜日

2.26世界市民法廷(東京):ふくしまの子どもの声

あなたの評決が子どもたちを救います。まだの方は今すぐ-->こちらから


私は、放射能をばら撒いた東京電力、国策として原発を推進してきた国や自治体、それを許してきた無関心な主権者達に怒りを感じています。そして、原発が爆発し、放射能・放射性物質が降り注いだ今も、「仕方がない」や「わからない」、「自分には関係ない」など、無関心な人が沢山いることに違和感を抱き、腹が立ちます。私は、一番守るべきものは、命そして未来だと考えています。国策として進めてきた国や自治体には、全ての国民、子ども達の命と未来を守る責任があります。
それらを守らせるためには、一人でも多くの人が考え関心を持ち行動することだと思います。これは命を脅かすものに対しての闘いであり、政治や思想などの壁を壊す覚悟が必要ではないでしょうか。
もうすぐ一年が経つ今、関心がある人とない人の意識の差は、広がる一方に感じられます。被曝の問題や避難については、人それぞれの生き方や選択の問題だからと言われることがありますが、目にも見えない匂いもしないどうなるかよく分らないものに対して判断を迫る事自体残酷でおかしい事だと思います。だから、考える人とそうでない人が生まれてしまうのです。子どもだけでは避難はできません。
一人ひとりが一人の人間として純粋に何をするべきか、何を守るべきか考えるべきです。大人の様々な事情や経済の発展よりも、命や未来を大切に考えて欲しいです。命のスペアは無いのです。
うえまえ まゆこ

0 件のコメント:

コメントを投稿