【アクション告知】

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 11月25日 16時00分~(約1時間)  (開始時間を変更しました)
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 上映会 映画「知事抹殺」  => ここから (予約頂けると有難い) 
   日時: 12月9日 (1回目):13時30分~ (2回目):15時30分~
   場所: 渋谷 光塾 アクセス => ここから

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 12月19日 (時間未定)
   場所: 官邸前
   内容: 抗議

2013年1月10日木曜日

【各界で疎開裁判支援の声1】宗教者から支援の声、スタート

紛争は、その紛争に関係する全ての者にとって、自らの正体を暴き出すリトマス試験紙です。最大の人災である原発事故が最も熾烈なリトマス試験紙であることは、今回の総選挙で惨敗した前政権をみれば明らかです。ただし、リトマス試験紙は何も政党レベルにとどまりません。社会のあらゆる階層にくまなく及びます。
とりわけ宗教界は、峻厳なるリトマス試験紙の前に立たされています。なぜなら、宗教の根本問題とは次の点(神義論)にあり、原発事故はこれを最も鋭く問い詰めるものだからです。
「われわれの生きている現世、これは涙の谷とか、死の谷とかいわれますように、いろいろな苦しみや悩み、さまざまな矛盾があるわけです。いろいろな病気か らくる肉体的な苦痛や死、あるいは自然の力によるさまざまな災害、たとえば地震、火事、暴風など大きな苦しみがあります。あるいは戦争による悲惨、そうし た人間が作り出すさまざまな苦しみがあるわけです。ところで、もし神が全知全能であり給うならば、また新しい理法が全世界を支配しているのならば、どうい う理由でそういった矛盾が放置されたままでいるだろうか。どうしたら、それを納得的に説明できるのか。」 大塚久雄『社会科学の方法』岩波新書138~139頁
宗教はこの問題(神義論) に答えられなければ、少なくとも市民(民衆)にとって存在する意義はないでしょう。
 その意味で、原発事故という未曾有の人災により宗教界もまた自らの存亡という未曾有の試練に立たされています。このような中から、疎開裁判支持を表明する宗教界からの声がスタートしました。過日、疎開裁判を支持する宗教者の方から、以下の書面が、ふくしま集団疎開裁判の会の「日本の宗教者の皆さん、そして全国のこころある皆さんへ」という書面と共に、多くの宗教者に宛てて送られました。
これから始まる、宗教者の支持表明とふくしまの子どもを救えという声は裁判所のみならず、各界に大きな反響をもたらすでしょう。

この呼びかけに対する宗教者からの声が以下に紹介されています。
->いのちというあかり(フェイスブック)

私たちと同様に、自らの存亡の岐路に立つ日本の宗教者の対応に注視しています。
                                         (文責 弁護団 柳原敏夫)

クリックで拡大

0 件のコメント:

コメントを投稿