【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年1月16日水曜日

それでも、伝えたい福島の親の声:なぜ自主避難しないのか(3)

はじめに:なぜ、それでも、福島の親の声を伝えたいのか->こちら

続いて、原告のお母さん(3人目)が、危険だと思っても、なぜ自主避難しないのか、できないのか、その胸の内を語ったものです。

さらには、なぜ集団疎開が望ましいか、その理由を次のように語っています。
(子どもたちにとって)生活拠点を変えるだけで、
同じ友達と、同じ状況で、同じ生活をすることで、
子どもたちのストレスを最小限にしてあげて、
放射能から解放してあげる、
集団疎開はとても有意義な形だと思います。
そして、地元自治体で、集団疎開を否定する人たちの本当の理由は--ひとたび集団疎開を実施したら子どもたちはもう二度と地元に戻って来ない、地元は崩壊してしまう。この不安に対して、お母さんは、それはあべこべだと、集団疎開してこそ、地元は復興できるのだときっぱりと宣言します。
郡山の皆さん
今、子ども達を避難させたなら、その子ども達は将来 郡山にきっと帰って来ます。
郡山の勇気ある判断に 郡山を大好きになって感謝して 帰ってきます。
子どもは大人が考えている以上に、真実をつかんでいます。集団疎開を否定するような大人たちが作る自治体、経済復興のためには子どもの命を犠牲にすることも辞さないお粗末な自治体、子どもは、そんな自治体には二度と、決して戻ってこようとは思わない。
                             
 *********************************
                「なぜ、自主避難しないのか」
                                   2012年11月21日
                              クリックで拡大





0 件のコメント:

コメントを投稿