【アクション告知】

【出店】 9月18日(月)11時30分 
   さようなら原発全国集会 9.18in代々木公園
   出店しますので、チラシ配布など御協力をお願いします。  (場所:代々木公園 けやき並木 ブース14番)

■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:9月19日(火) 
 (中止)
   理由:前日の「ともに生きる未来を!さよなら原発 さよなら戦争 全国集会」で出店のため。

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 9月23日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


■ 講演会開催 (たんぽぽ舎と共催) → 詳細はこちら
  9月25日(月)19時~
  脅かされている子どもたちの生命・健康・未来
  チェルノブイリから学ぶべきこと  
  講師:白石草 さん     会場:スペースたんぽぽ


 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2013年1月11日金曜日

【関連記事】原子力問題に関する宗教者会議からの嘆願文「原子力のない世界に向けて」


【関連記事】




原子力のない世界にむけて
原子力問題に関する宗教者会議からの嘆願文

原子力に関する宗教者国際会議は、2012124日から7日まで福島県いわき市および会津若松市において、日本、沖縄、韓国、フィリピン、タイ、ドイツ、香港、インドネシア、スイス、カナダ、米国から87人が参加して開催されました。
私たちは、2011311日に起きた地震、津波、東京電力福島第一原子力発電所の事故が、福島県と周辺地域の人びとと自然に与えた影響を目の当たりにし、同時に福島の現状に対する現地からの取り組み、あるいは海外からの支援連帯の現実にも触れました。
会議の参加者は、多くの人の証言の中で、家族や地域社会が引き裂かれた、家や仕事が失われた、子供の健康が害された、などのお話しを聴き、強く胸を打たれました。
また、日本政府や東京電力が、福島第一原子力発電所故後に生じた諸問題に対して早急かつ公平な行動をとらなかったことを明確に物語る証言に驚かされました。
このことを受けて、そしてNO!原子力 福島からの信仰宣言 に示された精神にのっとり、日本国政府と東京電力宛てに以下の嘆願をします:
         日本政府は東京電力福島第一原子力発電所事故発生と拡大の責任を認め、福島県民を問わず全ての原発事故被災者に謝罪と賠償を行うこと。
         東京電力は東京電力福島第一原子力発電所事故発生と拡大の責任を認め、福島県民を問わず全ての原発事故被災者に謝罪と賠償を行うこと。
         日本政府は早急に日本国内の全ての原子力発電所を廃止すること。
原発事故被災者は、日本政府と東京電力の謝罪に真意があるかどうかは、国内全ての原子力発電所の廃止が実現したときに、初めてその真意を認める。
どのような支援策が取られても、全ての原子力発電所が廃止にならなければ、謝罪したとは認めない。
         日本政府は日本国憲法に謳われている国民の「平和的生存権・基本的人権・幸福追求権・法の下の平等・生存権・教育を受ける権利」の回復を目指すこと。
         日本政府は国民の「知る権利」に沿って、原発事故に関する全ての情報を開示すること。
         日本政府は原発被災者の「避難する・留まる権利」を認め自己決定権を与え、その決定が実現できる支援をすること。
         日本政府は「原子炉立地の審査指針」は差別であることを認め、撤廃すること。
         国民、特に子どもや妊婦の生命と健康を守るために、予防原則に沿って、保養や食品検査、健康検査を早急に行うこと。その情報開示を必ずすること。
         日本政府が安全だと決定してはならない。あくまで数値の情報開示に努めること。判断は国民のすべきことであると認めること。
         福島県や日本政府は、原発被災者を分断、分裂するような施策をとってはならない。
以下に署名する者は、日本国政府、東京電力及び原発被災者が住む全ての地方自治体に対し、即座に情報の完全かつ真実な開示を通して福島県民、及び日本国民に尊厳を返すこと、そしてリスクを負う人々には情報開示の下で効果的な保護、特に長期にわたり高いリスクを負う子どもたちには定期的な保養を提供することを、強く嘆願します。


___________________________________
(署名団体、もしくは個人の連名)

署名: ________________________________
署名の日付)


Toward a World Without Nuclear Power
Plea from the Inter-religious Conference on Nuclear Issues

From December 4 - 7, 2012, the Inter-religious Conference on Nuclear Issues gathered 87 participants from Japan, Okinawa, South Korea, the Philippines, Thailand, Germany, Hong Kong, Indonesia, Switzerland, Canada and the USA.
We saw and heard about the effects of the March 2011 earthquake, tsunami and Fukushima Number 1 Nuclear Power Plant incident upon the people and environment across and Fukushima Prefecture and beyond. We also learned about local efforts to respond to the situation in Fukushima, and about support and solidarity from abroad.
The people's stories of family and community separations, lost homes and jobs, and their children's health problems touched Conference participants deeply.
We were also surprised by clear testimony that the government of Japan and Tokyo Electric Power Company have not acted in a timely, just manner in their handling of the aftermath of the nuclear accidents at the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant complex.
In view of this, and in the spirit that is set out in our No to Nuclear Power!  Faith Declaration from Fukushima 2012, we hereby address to the Government of Japan and Tokyo Electric Power Company (TEPCO) the following pleas:

         That the Government of Japan acknowledge responsibility for the Fukushima No.1 Nuclear Power Plant accident and its exacerbation, and provide apology and compensation to all accident survivors, whether they be residents of Fukushima or not;
         That Tokyo Electric Power Company acknowledge responsibility for the Fukushima No.1 Nuclear Power Plant accident and its exacerbation, and provide apology and compensation to all accident survivors, whether they be residents of Fukushima or not;
         That the Government of Japan immediately halt operation of all nuclear power plants in Japan;
Survivors of the nuclear power plant accident will only recognize apologies given by the Government of Japan and TEPCO as authentic only when stoppage of all nuclear power plants has been realized.  Regardless of what relief measures may be taken, the apology will not be recognized unless all nuclear power plants are halted;
        That the Government of Japan aim to restore to citizens the “right to peaceful life, basic human rights, right to pursue happiness, equality under the law, right to life, and right to receive education,” all of which are declared in the Constitution of Japan;
        In accordance with the “right to know,” release all information associated with the nuclear power plant accident;
        The Government of Japan recognize the “right to evacuate or stay” of nuclear power plant accident survivors and give them the right to self-determination, and support the realization of this decision;
        The Government of Japan recognize that the “guidelines for assessment of nuclear power plant location” is discriminatory, and rescind it;
        In accordance with the principle of prevention, administer convalescence, food testing and health checks to protect the lives of citizens, particularly children and pregnant mothers, and release this information without fail;
        The government shall not decide what is safe, but must diligently release numeric information. It shall be recognized that determination (of safety) is to be done by citizens;
        Fukushima Prefecture and the Government of Japan must not set policies that will divide and separate nuclear power plant disaster survivors.
We the undersigned strongly urge the Government of Japan and Tokyo Electric Power Company, and also prefectural and local authorities where applicable, to delay no further the restoration of dignity to the people of Fukushima and Japan through full and truthful information, and provision of fully-informed and effective protection from radiation of at-risk residents, especially periodic convalescence for children, who are most at risk over the long term.

Sincerely,

___________________________________
(Name of signing body, or names of co-signing individuals)

Signed: ________________________________
(Date of signing)

 【関連記事】



0 件のコメント:

コメントを投稿