【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2016年4月2日土曜日

ちばてつやさんの新しい絵

3月27日、世界社会フォーラムの一環として脱被ばく実現ネット主催で行われた
「福島の犯罪と命の救済」分科会において
ちばてつやさんの新しいイラストを披露いたしました。



3月6日付けのブログ記事にちばてつやさん宅を訪問し、感謝の色紙をお渡ししたと報告しました。
http://fukusima-sokai2.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

その時に「ぜひ新しく絵を描いてくださいませんか」とお願いしました。
今度の絵は子ども達がいろいろな困難はあっても強く前を向いて乗り越えて行こうとしているような、そんな絵を描いてください。とお願いしました。

すると、程なく新しい絵を送ってくださったのです。
実はちばてつやさんは自分のことをいつも「筆の遅い漫画家」と描いておられるので、あまりに早く描いて下さってびっくりしてしまいました。
3.11が近づき、人々の注目があつまる今こそ必要とすぐに描いて下さったのだと思います。

これがその絵です。


すばらしい絵にボランティア一同、感動しました。

この絵を、放射能から子どもを守る運動のためにプラカードなどに使わせていただく予定です。


ちばてつやさんの子ども達へのあふれる愛に感謝します。

0 件のコメント:

コメントを投稿