【アクション告知】

■ 霞ヶ関アクション(原則毎月19日に開催) 今回変更あり
   日時:5
月18日(木)に変更 19時30分~20時15分
   場所:首相
官邸前(共謀罪廃案を求める全国行動後)
    ※衆議院議員会館前にて18時半からチラシ配布

■ 日曜アクション (第2、4の日曜日開催) 
   日時: 5月28日 16時~17時
   場所: 新宿東口 アルタ前広場
   内容: 街頭宣伝


外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2013年3月17日日曜日

【2.23第1回デモ報告】南相馬から吉田邦博さんの声

今、あなたのアクションや注視がまぢかに迫った判決の行方を決めます->今すぐ、HPのメニュー「アクションのお願い」のどれでも

 デモ当日、ほかの方々に遠慮され、存分にスピーチしなかった南相馬市の吉田邦博さん(1月21日に、福島の子どもらの衣類と頭髪の汚染調査と東電マニュアルから見えてきた報告書を裁判所に提出)から、スピーチ原稿をいただきましたので、転載します。

  **********************************

  事故以前の放射線に対する管理はとても厳しいものでした。しかし、いったん事故が起きてしまえば、どこ吹く風です。規制している数値は世界基準を桁違いに上げ、法で定めているにもかかわらず、政府自ら法を犯し犯罪に手を染める始末。様々な権利を奪い、人々の人生をも破壊した、東京電力福島第一原発事故。どこで起きてもおかしくない原子力事故。次は、いったいどこの原子力発電所で起こるのでしょうか?明日は我が身です。生まれ育った故郷を追われ、家族はバラバラになり、健康まで奪われる、それが皆さん自身に起こりえるのです。これ以上事故が起きれば、もう逃げる所が無くなるかもしれませんが、我が身に起きた事のようにお考えいただき、この壊れたこの日本を立ち直らせなければ、まともな、避難や補償すらも受けられない事実。

この裁判は福島に住まされている子ども達が、当然の権利として安全に健康的な環境で生活をさせて欲しいという、ごくごくあたりまえの訴えです。
放射能はどんなに微量でも、確実にDNAを傷つけるものであるということは、国際的にも常識となっています。しかし、現在、様々な放射線による影響は過小評価されています。
このような環境にした私たち大人が、この子供達の訴えを叶えてあげなくてはなりません。
そして、法で平等にその権利を定めている以上、この裁判を認めないなどという事があってはなりません。
どうぞ皆様、我々が犯した過ちで、何の罪もない子ども達に、これ以上迷惑を掛けて放射能汚染された地域での生活をさせてはならない。安全で健康的な生活を叶えてあげて下さい。そして叶えられないような法も裁判など存在する意味すらありません。立ち上がれ福島県民!立ち上がれ日本人!

0 件のコメント:

コメントを投稿