【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年3月15日金曜日

【裁判速報】ロスタイムに入った裁判所に、緊急書面の提出(5):それでも、伝えたい福島の親の声:どんな犠牲を払って自主避難したのか(3)

今、あなたのアクションや注視がまぢかに迫った判決の行方を決めます->今すぐ、HPのメニュー「アクションのお願い」のどれでも
 
ロスタイムに入った裁判所(仙台高裁)から、3月15日現在、まだ決定(裁判所の判断)が出たという連絡はありません。

その仙台高裁に、重要書面として、2月11日、緊急に提出した書面の数々を、ブログにアップします。
下は、3.11まで郡山市に住んでいたお母さんが、どのような犠牲を払って自主避難を敢行したのか、率直に、胸の内を語ったものです(公開用に、個人情報を削除してあります)。
 


  **************************************
     原稿をクリックすると拡大します。








0 件のコメント:

コメントを投稿