【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年5月19日日曜日

【4.24仙台高裁判決】舩橋淳さんからのメッセージ

あなたのアクションが間違った判決をただします->今すぐ、判決直後アクションに参加を!

映画「フタバから遠く離れて」の監督で、5.18デモの呼びかけ人の舩橋淳さんから、仙台高裁の判決に対し以下のメッセージを寄せていただきました。

         ********************
 
チェルノブイリの悲劇から我々が学びうることは、
被ばくによる健康被害が出る・出ないの如何に拘わらず
子供たちの被ばくをできるだけ避けるべきということ。

国民の命を守るのは国家の存在目的。

それを無視する政府に対して、NOを突きつけるのは司法の使命だ。

一票の格差問題でも違憲・選挙無効を判断したように、
間違っていることは間違っている、という司法の良識こそがいま求められている。

舩橋淳(映画監督)

0 件のコメント:

コメントを投稿