【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年2月22日金曜日

【2.23デモ速報】 山本太郎さんからのメッセージ

2.23デモの呼びかけ人の山本太郎さんから、以下のメッセージを寄せていただきました。

         ********************

放射能汚染地に子どもたちが、政府から「安全です」と嘘を付かれ、普段通りの暮らしを強いられる、
そんな狂った現実が、ここ日本にある。

子どもたちが、一体どんな罪を犯したと言うのか?

原子力を諦め切れない一部の大人が、金の為に、メンツの為に、汚染の実態を隠し、子どもたちの命を切り捨てる事に決めた、それがこの国の現実だ。

事故から二年、子どもたちの緩やかな死刑執行に向けてのカウントダウンは既に始まっている。

人の命を、この国の未来である子どもたちの命を危険に晒した状態で何が復興か?

その先に人々の健康が担保されない復興など偽物だ。

政府は直ちに子どもたちを移動させろ!

子どもの命を軽んじる社会に未来などない。

今日初めて「ふくしま集団疎開裁判」と言う言葉を耳にしたあなた。

興味を持って下さい。
周りの友達、家族にこの事を伝えて下さい。

一人でも多くの人がこの裁判を知り、声を上げなければ子どもたちの未来は閉ざされます。
次はあなたの番かも知れません。

ふくしま集団疎開裁判に力を貸して下さい!

山本太郎

0 件のコメント:

コメントを投稿