【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年2月22日金曜日

【2.23デモ速報】 崎山比早子さんからのメッセージ

2.23デモの呼びかけ人である崎山比早子さんから、以下のメッセージを寄せていただきました。

         ********************

集団疎開裁判で裁判所がどのような判断を下すのか気がかりです。
子どもは大人よりも放射線に弱いと言うことは誰でも知っていることです。
今すぐに症状が現れなくても将来がんを含めて色々な病気が出てくるだろうことは
チェエルノブイリ事故で汚染された地域の住民の健康状態から予測されます。
いつでも政府は被害が現れてから重い腰を上げます。
放射線被害の場合には、これでは手遅れです。
手遅れにならないうちに一刻も早く子供達を汚染地区から避難させることが、
原発事故を起こしてしまった大人の責務です。
裁判官の責任ある判断を求めます。

崎山比早子

0 件のコメント:

コメントを投稿