【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年2月22日金曜日

【2.23デモ速報】 スイス・ジュネーブ市長から「福島だけの問題ではなく、世界全体が子どもたちを守るために団結しなければなりません」とメッセージ

2月20日、スイス・ジュネーブのレミー・パガーニ市長から、以下のメッセージを寄せていただきました。
パガーニ市長は、昨年10月30日、疎開裁判の会と井戸川(当時)双葉町長と共にジュネーブの国連人権委員会に、福島の惨状を訴えに行った時、私たちを招待してくれた人です。
井戸川町長とパガーニ市長との対談の動画->こちら

         ********************

ジュネーブ、2013年2月20日

拝啓 貴殿の訴訟団が、福島の高汚染地域で暮らし続ける子どもたちの避難を求め、2月23日に東京でデモを企画していると伺いました。子どもたちの様々な健康被害が増加していることから、遅滞なく子どもたちを非汚染地域に避難させなければなりません。


貴殿のアクションを全面的に応援するとともに、福島の子どもたちが即時避難を求めるために声を上げることを切に願います。これは福島だけの問題ではなく、世界全体が子どもたちを守るために団結しなければなりません。

敬具
レミー・パガーニ
 


(※)メッセージの原本は以下です。  (クリックすると拡大)

クリックで拡大

0 件のコメント:

コメントを投稿