【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年2月22日金曜日

【2.23デモ速報】 高橋哲哉さんからのメッセージ

2.23デモの呼びかけ人であり、『犠牲のシステム福島・沖縄』(集英社新書)の著者で哲学者の高橋哲哉さんから、以下のメッセージを寄せていただきました。

         ********************

チェルノブイリ法では、放射線量年間1ミリシーベルト以上で移住の権利が生じ、同5ミリシーベルト以上で移住の義務が生じる。
福島では年間20ミリシーベルトまでは住めるという前提で事が進んでいる。しかも子どもたちまでが、である。この状況で、行政が予防措置をとらないのはあまりに無責任ではないだろうか。安全と思える場所で教育を受けたいと望む子どもたちに、その権利を認めるべきだ。


0 件のコメント:

コメントを投稿