【アクション告知】

【出店】 9月18日(月)11時30分 
   さようなら原発全国集会 9.18in代々木公園
   出店しますので、チラシ配布など御協力をお願いします。  (場所:代々木公園 けやき並木 ブース14番)

■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:9月19日(火) 
 (中止)
   理由:前日の「ともに生きる未来を!さよなら原発 さよなら戦争 全国集会」で出店のため。

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 9月23日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


■ 講演会開催 (たんぽぽ舎と共催) → 詳細はこちら
  9月25日(月)19時~
  脅かされている子どもたちの生命・健康・未来
  チェルノブイリから学ぶべきこと  
  講師:白石草 さん     会場:スペースたんぽぽ


 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2013年4月23日火曜日

【参加者の声】4.20郡山アクションに参加して(3)「ずっと不安だもんね・・・」と言ったお母さん

あなたのアクションが目前に迫った判決の行方を決めます->今すぐ、判決前夜アクションに参加を!

昨日4月20日(土)に、総勢33名がバスで東京から郡山に向い、、リーフレット配布アクションを行いました。

以下、参加者の皆さんの感想です。

 **************************************
                                                                                                 稲村 重信
福島県人でありながら、仕事の都合とは言え、
行動・参加が遅くなりました事、お詫びいたします。

私は、西口歩道橋上でリーフレットを配りました。
「お子さんを一緒に守りませんか? これ、読んでください。
 読んで不安になったら、裏にあるところに電話をください・・・・・」と
言って渡していた。

乳母車を押し、メガネを掛けたポニーテールのお母さんが、
「ありがとう」と言って受け取ってくれた。
3・4歩過ぎたところで、乳母車のお子さんの顔を覗きながら
「ずっと不安だもんね・・・」と言った、そんなに大きな声ではないが、
はっきりと聞こえた。
 ・・・ 切なくて涙が出た。


さくら通りと旧4号線の交差点。
信号待ちの間、お母さんとお姉ちゃんと弟の三人連れの親子。
完全に嫌な表情をされ、リーフレットの受け取りを拒否された。
ため息をつきながら、横断歩道を渡る。
ガラス越しに、こちらに会釈をしてくれたお店のご主人。
リーフレットを渡し会話をした。
「わざわざ東京から来たの、ありがとうね。
 私も原発には反対なんだ、でもなかなか活動出来ないよ。
 少ないけどこれみんなで食べて」と、たい焼きを頂いた。
 ・・・ 嬉しくて涙が出た。


開成山公園、陸上競技場では高校生達が集まり競技会をやっていた。
石巻専修大学付属高等学校のバスもあった。
空間線量は 0.33 ~ 0.51μsv./h の環境。
生徒が走っている。
生徒が地面にシートを敷いて横になりストレッチをしている。
さすがに地面の線量は測れなかった。
でも、男子グループ、女子グループに声を掛けた。
「ここはね、本当であれば強制避難区域の一歩前。
 任意的避難区域とか、避難選択区域と言って、
 逃げたかった、東電や国がお金を出さなといけない程、
 大変なところなんだよ。
 場所によっては強制避難のところもある」と教えた。
「ホントに?」と言う生徒の顔。
「なにやってんだ?」と一歩後ろで見ている先生。
「余計な事をするな・・・」と怒鳴る父親。
  ・・・ 様々な怒りが湧き出た。

0 件のコメント:

コメントを投稿