【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 2月19日 17時30分~18時15分 (25日の学習会のチラシ配布をするため短めです
   場所:官邸前
   内容:抗議活動

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 2月24日 13時00分~14時00分
  (翌25日学習会があるため、開始を早めています

   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時(13:00開場)
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年4月30日火曜日

速報【判決直後アクション】私の感想(米国の人権活動家、ノーム・チョムスキー)

あなたのアクションが誤った判決をただします->今すぐ、判決直後アクションに参加を!

以下は、今月24日に出た仙台高裁の判決(決定)に対し、米国の人権活動家ノーム・チョムスキーから届いた感想です。

皆さんも、 是非、日本の子どもたちの命と未来を決めるこの重要な判決をただすために、これに対する皆さんの声を、
判決直後アクションとしてあげてください。->こちら

********************************

 It is deeply disturbing to learn that the courts have blocked efforts
to evacuate children from the Fukushima site, though acknowledging
the health risks.  Nothing tells us more about the moral level of a
society than how it treats the most vulnerable, in this case its most
precious possession, its children.  I hope and trust that this grim
decision will be reversed.

Noam Chomsky


(仮訳)

裁判所が、健康への危険性を認識しながら、にもかかわらず、子どもたちを福島の地域から避難させようとする試みを阻んだことを知り、本当に驚いています。最も傷つきやすいもの、この場合、最も大切な財産である子どもたちをどのように扱うか以上に社会のモラルの水準を物語るものはありません。この残酷な判決が覆されることを強く希望し、信じます。

ノーム・チョムスキー
 

0 件のコメント:

コメントを投稿