【アクション告知】

■ 官邸前アクション (毎月19日を予定)
   日時: 1月19日 (1月22日の裁判支援があるため中止)
  (子ども脱被ばく裁判 口頭弁論(福島地裁) 1月22日

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催)
   日時: 1月27日 16時00分~(約1時間) 
   場所:JR東口 アルタ前広場
   内容:街頭宣伝

■ 学習会
   日時:2月25日 13時30分~17時
   場所:渋谷 光塾
   内容:臨床医が語る、原発事故からの7年 - 子どもの甲状せんがんは?健康被害は?
      さよなら孤独、気立てのよい喜怒哀楽の法、チェルノブイリ法日本版制定への道
   講師:牛山元美さん(内科医)、柳原敏夫さん(弁護士)

2013年4月25日木曜日

速報【判決直後アクション】私の感想(北海道の医師の松崎道幸さん)

判決内容の速報は->こちら

以下は、本日の仙台高裁の判決(決定)に対する北海道の医師の松崎道幸さん(判決10頁で松崎意見書(5)が採用)からいだいた感想です。

皆さんも、 是非、日本の子どもたちの命と未来を決めるこの重要な判決をただすために、これに対する皆さんの声を、判決直後アクションとしてあげてください。->こちら

********************************

裁判所は福島原発事故により福島の「児童生徒の生命・身体・健康について由々しい事態の進行が懸念される」と認定しましたが、通学先を変更しても、残りの3分の2の時間汚染地域にとどまっているのでは意味がないとして、訴えを却下しました。

しかし、この判決は、福島中通地域からの全面的な疎開が必要であると言う新たな運動の根拠を作り出したと考えます。こどもたちを含めた多くの人々の生命と健康を守るたたかいをさらに続けましょう。

福島中通りでは、放射能汚染によって由々しい事態が進行中と裁判所が認定したことを武器にしてゆきたいと思っています。

松崎道幸

0 件のコメント:

コメントを投稿