【アクション告知】

【出店】 9月18日(月)11時30分 
   さようなら原発全国集会 9.18in代々木公園
   出店しますので、チラシ配布など御協力をお願いします。  (場所:代々木公園 けやき並木 ブース14番)

■ 霞ヶ関アクション (原則毎月19日に開催
 
  日時:9月19日(火) 
 (中止)
   理由:前日の「ともに生きる未来を!さよなら原発 さよなら戦争 全国集会」で出店のため。

■ 新宿アクション (第4の土曜日開催に変更しました)
   日時: 9月23日 18時~19時   (開始時間を変更しました)
   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場 (雨天決行)
   内容: 街頭宣伝


■ 講演会開催 (たんぽぽ舎と共催) → 詳細はこちら
  9月25日(月)19時~
  脅かされている子どもたちの生命・健康・未来
  チェルノブイリから学ぶべきこと  
  講師:白石草 さん     会場:スペースたんぽぽ


 第9回 新宿デモ (予告)    
   「子どもを被ばくから守ろう! 自分も、家族も!」 (仮称)
   日時: 11
月11日 
13時~ (14時デモ出発)

   場所: 新宿JR東口 アルタ前広場

外国語ブログ】  英語-English  韓国語-??  ロシア語-русский  中国語-中国的  スペイン語-espanol  ドイツ語-Deutsch  フランス語-francaise  イタリア語-italiano
過去の見出し一覧->こちら

2013年4月8日月曜日

【報告】それでも、伝えたい福島の親の声:どんな被ばくと健康被害の中で生きているのか(郡山市からの報告1)


あなたのアクションが目前に迫った判決の行方を決めます->今すぐ、判決前夜アクションに参加を!

先月(3月)、郡山市の中学2年生()の女子が急性白血病で亡くなりました。訃報を知った子どもたちはマスクをし始めたそうです。

)「現在、中学3年生の同級生」でしたので、3月時点では中学2年生でした。訂正します。

この事実を聞いた郡山市から県外に自主避難したお母さんから弁護団の柳原宛てに次のメールをくれました。

亡くなった女の子の無念さや、ご両親の悲痛な嘆きに思いを馳せるとき、どんな言葉も見つかりません。

女の子は、どのような苦しみの中で亡くなっていったのでしょうか…?

ご両親は、どのような悲しみの中で、愛する我が子が目の前で息絶えるのを見届けたのでしょうか…?

柳原さん

でも、これは序章なのですよね。
チェルノブイリに学べば、これから先、どんなことが起きるのか…。

悲しいけれど、悔しいけれど、未曾有の健康被害が起きてしまうことは避けられないでしょう。

でも、私達大人には、子ども達の命を守る責任があります。

子ども達の集団疎開は、なんとしてでも、実現させなければなりません。

以下は、昨年暮れ、弁護団の柳原に届いた、郡山市から県外に自主避難したお母さん(Xさん)からのメールです。
福島では3.11以後今日まで、表面上の復興騒ぎとは裏腹に、水面下でただならぬ事態が進行中です。

**************************************

以下は、「自主避難したくてもできないから集団疎開を!!」と願っている友人(注:Yさん)からのメールです。


彼女とは、ここ23ヶ月ほど連絡を取り合わないでいたのですが、その間にまさか、こんなことになっているなんて思いもしませんでした。

以下、転送します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

○○さん(注:Xさん) おはようございます。(^_^)

 10月に 中学校で 甲状腺のエコー検査があって、結果が2日前に 届きました。

A2  5.0mm 以下の小さな結節 (しこり) 認めましたが 二次検査の必要はありません。』

 二次検査の必要はありませんって ひどい

〇〇(注:Yの娘さん)の友達 みんな A2

何となく 覚悟 していたけど ショック(_・。) (_・。)です。

しこりが 何個あるか ○○の◎○病院で診察したほうが良いよね。

××小学校の△△(注:Yの息子さん)の友達は大丈夫だったみたい。

だけど △△(注:Yの息子さん)は 10月から風邪が全然治りません(:_;)
 学校に行く 力がなくなって ほとんど 学校を 休んでいます(:_;)

郡山の子供達の心療内科は 予約がいっぱいで 来年になっても 診察できないんだ…

△△(注:Yの息子さん)と同じ子供達がいっぱい います。

 福島から 出ない私達が悪いんだけど…ね(:_;)
 辛いよ!!


転送終わり            
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このメールを読んでびっくりした私は、すぐこの友人に電話をしました。

彼女が語った内容は…。


娘さんと同じテニス部の仲よしのお友達56人全員、5mm以下の『しこり』があり、A2との判定。でも二次検査は必要なしとのこと。

娘さんやお友達は、「病院が大丈夫って言ってるんだから大丈夫なんだよ~。どうせ死ぬんだし、自分ひとり助かったってしょうがないし~」と言っているそう。

先日には、死んだっていいと言ったこの娘さんに、旦那さんが手をあげてしまったと。
それでも、「もし、避難することになっても、私は絶対行かない!!」と、頑なな態度だそうです。


息子さんも10月から体調不良が続いていて、10月から今までで14日間ぐらい休んでいて、11月頃からは、遅刻して登校することも多く、登校しても保健室で休んでいるとのこと。

とにかく、だるくてしょうかないそうです。

 近所の心療内科は、予約でいっぱいで、断られたとか。

息子さんのような症状の子が、たくさんいるそうです…。


柳原さん、私は怖いです。
明らかに、始まっています。

彼女の場合、自主避難できないのは(娘さんのことはおいといて) ネックになっているのは身内なんです。‥‥(中略)‥‥

彼女自身も、夏頃、○○○炎になり、入院しています。

最近では、ストレスから何分間か目が見えなくなり、頭痛も併発。嘔吐や吐き気もあり、病院へ。仕方なくCTを撮ったとのこと。(異常無し)

彼女と話をする度に、「避難して!!」と思うのですが(実際、何回か言っています)、身内の近況を聞かされてしまうと、「これでは避難はムリだ」と、絶望的な気持ちになってしまうのです…。


私には、友人の話を聞いてあげることしか出来ません。
でも彼女は、私に話を聞いてもらえるだけでいいと言います。

家族のために頑張っている友人の心情を思うと、悔しいし、悲しいし、私も気持ちの持って行き場がありません…。

でも、なんとか友人を支えてあげたいと思っています。

明日は、抗議行動金曜日だというお忙しいところ、長々と申し訳ありませんでしたm(_ _)m

)その続編は->こちら

1 件のコメント:

  1. スクールソーシャルワーカーをやっています。
    ブログ(郡山市からの報告)を読みました。

    「A2」判定を受けて投げやりなことばをはいた中学生の娘さん、体調不調な続く息子
    さん、このご両親はお子さんのことが心配でたまらないと思います。
    娘さんのほほをたたいてしまったお父さん。私もそうしたでしょう。
    福島ではこのような状況のご家庭が多々あるのではないかと思います。

    誰がこのような親の心配や親子の諍いを作ったのでしょうか?
    理不尽です。本当に怒りがわいてきます。と同時に、娘さんにも親御さんにも理不尽
    なままにされないように!と、伝えたいです。

    「今回の3人の甲状腺がんが放射能の影響とはいえない」などと、つらつら言う県民健
    康調査会の鈴木、山下医師に、遠隔操作で牛舎に見捨てられてなくなった牛の糞を投げ
    つけてやりたいです。

    どうぞ、理不尽にあつかわれたままにいないでください。
    わが子のほほをたたかないためにも、誰がこのような心配や困難を招いたかをお子さ
    んと共に話し合い、その相手をにらみつけてください。
    そのために、もうおこなっているかもしれませんが、僭越ながら考えたことをお伝えします。

    お子さんの体調の記録をつけて見ませんか。
    書けるところからさかのぼり、
    育児手帳をもういちどつける様な気持ちで記録を書いてみませんか。

    1.本人の記録として
    ① 体重、身長、食欲、睡眠、排泄の変化、(尿の量、便の線量・・・これは
    くさいので大変かもしれませんが)
    ② 行動の記録(内外の活動)などの日常生活の様子、学校の行事など
    ③ 発熱や、痛み(頭痛、胃痛、皮膚疾患、目など)などの訴え
      (いつどのようにどのくらいの間その状態だったか))
    ④ 甲状腺の自主検査の記録
    ⑤ ホールボディカウンターの記録、
    ⑥ 学校などで行う尿検査の記録
    ⑦ 血液検査の記録(疲れを訴えるお子さんの場合、貧血などの検査)

    2.環境の記録
    家の食事献立
    給食の献立表(必ずとっておく)
    学校の空間線量、
    近所の空間線量
    部活動などで使った衣服の放射線量

    3.本人以外のまわり子ども達の情報
    クラスで、近所で子ども達の心身の健康状態の異変情報
    「問題」が起きた時の「原因」を分析するデータ(資料、履歴)として重要な資料となる
    と思います。

    目に見えない、におわない、味がしない放射能、だけど体には異変が来る。
    チェルノブイリの事故で学んだことです。
    セシウム137の影響について書かれた文献として、バンダジェフスキー医師著
    「放射セシウムが人体に与える医学的生物学的影響」(合同出版)を紹介します。

    「子ども達の集団疎開」が一番の被曝防護策だと思いますが、それが実現するまでの間、
    記録をつけることは被曝の防護生活を考えるうえで役立つと思います。

    また、にらみつかる相手(国、東電)を変えるためにも役立つものとなると思います。
    にらみつける相手は、私たちが批判することを「あきらめる」、「我慢する」、「現
    状肯定する」を望んでいるのです。
    理不尽なままに置かれてはいけないのです。

    返信削除